四季の離乳食 春夏の野菜を赤ちゃんに

img_153198_1 離乳食作りは大変。大人と別に作らねばならないのはもちろん、食べやすいもの、薄味でおいしいもの、かつ栄養バランスも考えて。これに季節のもの、となるとハードルはさらに高いが、“京料理の離乳食”が手に入るなら、ちょっと手を出してみたくなる。「ウェルカムベビーのお宿」として認定された料理宿・京家(京都市)とベビーフードを製造販売するはたけのみかた(滋賀県湖南市)がコラボした「manma 四季の離乳食」シリーズの春夏の新メニューが6月10日から、順次発売される。img_153198_5

 ニンジンやカブ、かぼちゃやトマトなど、旬の野菜を使用。赤ちゃんの月齢に合わせて、5カ月~、7カ月~、9カ月~、11カ月~の4種類が用意されている。たとえば「にんじん・かぶのおじや」は、爽やかでやさしい甘みを存分に感じられるよう、味つけは昆布だしのみ、赤ちゃんが食べやすいやわらかさまでじっくり炊いた、春を感じる一品だ。「かぼちゃの鶏そぼろおじや」は、赤ちゃんの食欲をそそる、濃厚だけどやさしい甘さ。その秘密は、「バターナッツ」というちょっと変わった品種のかぼちゃだそうだ。内容量は70g(5カ月~)100g(7カ月~、9カ月~、11カ月~)で、税込価格は420円(5カ月~)、450円(7カ月~、9カ月~)、460円(11カ月~)。img_153198_6

 時々手作りを休みたいときや、いつもの離乳食の合間に、ニッポンの季節の味を赤ちゃんにいかが。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ