作業現場の熱中症リスクを「見える化」 センサー付きスマート衣料

作業現場のリスク管理をIoTで管理 建設・運輸・製造業などの高温多湿な環境下で行う現場作業は、熱中症のリスクが高い。クラボウ(大阪市)は、大阪大学基礎工学研究科、日本気象協会と共同で、作業員が着用するシャツを通して熱中症リスクの測定や体調変化を予測するシステム「Smartfit for work」を開発。建設・運輸・製造業などの企業向けに、サービス受注を始めた。管理画面イメージ (1)

 導電性繊維と生体センサーによって着用者の生体情報を取得・送信できるシャツ型スマート衣料「Smartfit」を着ると、心拍・温度・加速度がスマートフォン経由でクラウドサーバーに送られる。これらに作業地域の気象情報を融合した解析アルゴリズムによって、暑熱環境での作業中の、熱中症リスクなどをリアルタイムに推定。管理者は遠隔からでもパソコン等で「Smartfit」を着用した全作業者の作業リスク情報をリアルタイムに一括管理できる。万が一のときの迅速な対応を目指し、作業者のリスクレベルに応じて警告が表示され、高リスク発生時にはアラート通知も可能だ。また、自動学習(AI)機能によってひとりひとりの過去のデータから日々の体調変化を推定し、通知する機能も。管理者は、「Aさんは暑さで作業リスクが高くなっているな。今日のBさんは、体調が普段と違うな」などの状況を把握することができるというわけだ。加速度データは、作業者が転倒・転落状態にある可能性を判定した情報で、転倒転落防止を目的としている(2018年8月頃提供予定)。リスク情報や体調変化、消費カロリーなどは、作業者自身もスマホで確認できる。システム概要

 今後は、スポーツ分野や屋外大規模イベント、学校での活用や、高齢者の日常生活における暑熱環境下でのリスク対策に向けた取り組みも進めていくという。サービス料金(参考価格)は、初期設定費用が1ユーザー 30,000円(税別)、月額費用が1ユーザー 6,000円(同)。「Smartfit」シャツは別売で、伸縮性や速乾性に優れた着心地の良さもポイント。センサーを外して洗濯もできる。1枚 4,000円(同)。 サイズはS・M・L・XL・3L。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ