最新立体サラウンド対応やネットワークオーディオ機能も充実の中級AVアンプ

05.01 AVアンプ_ヤマハV585-01 ヤマハは同社のAVアンプの標準クラスに新2機種をラインアップ、5月下旬から発売する。先の入門クラスモデルRX-V385に続くもので、登場するのは7.1ch 型の「RX-V585」(7万3,000円・税別)と5.1ch型「RX-V485」(6万2,000円・同)だ。RX-V585は、最新の立体サラウンド方式であるDolby AtmosとDTS:Xに対応。また両機種とも4K映像伝送にフルスペックで対応するのはもちろん、ハイレゾ再生やストリーミング配信などのネットワークオーディオ機能が充実している。

 ネットワークオーディオでは、ハイレゾ再生についてDSD11.2MHzやOCM(WAV/AIFF)も192kHz/32bitに対応するなどレベルアップ。さらにCD並み(FLAC 44.1kHz/16bit)の高音質でオーディオファンの注目を浴びる音楽配信サービスDeezer HiFiや膨大な楽曲を誇るSpotifyも利用できる。05.01 AVアンプ_ヤマハV585-02

 映像関連ではHDRやBT.2020の伝送、HDCP2.2、4K/60Pのパススルー/4Kアップスケーリング対応のHDMI端子(4入力/1出力)を装備。またDolby Visionなどの新技術にも対応し、次世代Ultra HD BDプレーヤーもフルに楽しめるようになっている。

 デジタル回路やアンプ部には同社の技術をフル投入。サラウンドについては独自の音場創成についても最新のバージョンを使い、AVアンプの標準機能となっているBluetoothでも、より高音質な再現を図る音質補正を機能させられるのもポイントになるだろう。消費電力は260W、サイズは共通で幅435×高さ161×奥行き327mm、重さはRX-V585が8.1kg、RX-V485が7.8kg。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ