オーソドックスかつシンプルで使いやすいレコードプレーヤー

PJ-2XperienceSB
PJ-2XperienceSB

 オーストリアのオーディオブランドPro-ject(プロジェクト)から、レコードプレーヤー「2Xperience SB S-shape」が登場する。発売は5月中旬で、価格が21万6,000円(税別)。取り扱いはD&Mホールディングス(川崎市)。

 プロジェクトは、長年、プレーヤーを中心にアナログにも積極的に取り組んできており、2Xpertinenceもその中核として、さまざまなバリエーションモデルを輩出し、今日に至っている。

 今回の新モデル2Xperience SB S-shapeは、伝統のベルトドライブ方式、アクリルベース、サンドイッチ構造の高質量MDFプラッターなどの基本構成を継承しつつ、電子制御モーターにより回転精度をさらに高めるとともに、新設計のS字トーンアーム、S-shapeを搭載。このアーム、9インチ長でヘッドシェルが交換なユニバーサル型のオーソドックスなデザインとしている。

 レコードを確実にセットするクランパー、大幅に回転ノイズを抑える回転部のベアリングなど、細部の最適化も行なっているという。

 ダストカバーが付属。主な仕様は、回転数33/45rpm、電源はAC100Vで電源アダプター付属、サイズは幅460×高さ145×奥行360mm、重さ8.5kg


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ