完全独立型でノイズキャンセリングに防滴と、最新機能が詰まったスポーツイヤホン

WF-SP700N_P-Large ソニーは同社スポーツイヤホンの最新モデルとなる完全ワイヤレス型の「WF-SP700N」(市場価格23,000円前後・税別)をはじめ、首かけスタイルの「WI-SP600N」(同19,000円前後)と「WI-SP500」(同9,000円前後)を発売した。

 WI-SP700Nは、完全ワイヤレスでノイズキャンセリング機能を持ったWF-1000Xの直系モデルという位置付けだが、雨滴や水しぶき、汗などにも心配不要のIPX4相当の防水性能を得て、アウトドアユースを鮮明にしている。この二つの機能を両立するために外装素材は新開発したという。WF-SP700N_KeyVisual_W-Large

 アウトドアでの使用を考慮。内蔵マイクで周囲の環境音を取り込むノーマルモードと、人の声を聞きやすくするボイスモードの2つのモードを用意。環境音と調和しながら周囲の人とコミュニケーションできる機能も装備している。ノイズキャンセリング動作や音質をコントロールできる専用アプリも用意。またスマホの音声ガイドを使ったり、本体の動作を教えたりするボイスアシスト機能もある。

 小さなボディにはスマホ操作やハンズフリー通話機能も装備。3時間の連続再生に加え、2回のフル充電が可能なスマートデザインのバッテリーケースも付属して、日常生活でも使いやすいワイヤレスイヤホンとしている。

WI-SP600N_std_P-Large 姉妹機となるWI-SP600Nはノイズキャンセリングや防滴性能、外音取り込み機能など、SP700の機能をキープしながら、より一般的な首かけスタイルとしたBluetoothイヤホン。約1.5時間の充電で6時間の再生ができる。またWI−SP500は、ノイズキャンセリングや外音取り込みなどの機能は省略しつつ、SP600Nと同等の防滴性能を確保。外音取り込みについては、構造を開放型として、音楽を聴きながら周囲の音も聴きとれるように設計されたベーシックモデルとなっている。2時間の充電で8時間の再生が可能。WI-SP500_std_B-Large


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ