パワーナップで仕事の効率もアップ!? ビジネスマンの昼寝をサポート

イメージ
イメージ

 「パワーナップ」という言葉を聞いたことがある? ナップ(nap)とは英語で昼寝の意味。従って、パワー+ナップで“力を付けるための昼寝”といったところだろうか。アメリカでは、仕事の効率化を図るために昼寝を取り入れる企業が多く、日本でも少しずつその動きが広がってきているとか。そしてこの昼寝、午後の生産性を高める効果があると厚生労働省も認めているという。(2014年の「睡眠12箇条」より)

 そこでリラクゼーションサロン「Queensway(クイーンズウェイ)」(RAJA・東京)は、ビジネスパーソンが気軽に昼寝を取ることができるようにと、「仮眠コース」(20分で税別1,000円)の提供を平日の14:00~16:00限定で始めた。昼寝の場所は、光を落とした店内の、カーテンや壁で仕切られている半個室のリクライニングチェア。オットマン、タオルブランケット、耳栓やアイマスクなどが自由に使え、人目を気にすることなく仮眠ができる。起床時間になるとスタッフが声を掛けてくれるから、寝過ごす心配もない。当面は八重洲地下街店と横浜地下街ポルタ店のみの提供だが、順次、全国の約50店舗に広げていく予定だ。

 昼寝にお金をかけるのはちょっと贅沢かもしれないが、その分仕事の効率がアップすれば、OKかな?


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ