ハイパフォーマンスな最新設計の完全ワイヤレスイヤホン

04.03 完全ワイヤレスイヤホン_ヌアールNT01-img 最近、勢いを増している完全ワイヤレスイヤホンだが、モバイル機器のエム・ティ・アイ(東京)は自社ブランドのヌアール(NUARL)から独自の技術を投入して高音質化を図った新モデル「NT01」を、4月27日から順次発売している。仕上げはマットブラック(MB、発売中)とブラックシルバー(BS、5月25日発売)の2種、オープン価格で店頭では1万5,000円前後の見込み。

 最新のBluetooth Ver.5に適合する最新チップセットを採用。左右ユニット間の接続に独自の技術を加え、音の途切れなどに対する安定性や低ノイズ化を確保している。コーデックは高品位なAACにも対応。本体内にはドライバー背面の不要な残響を抑え、クリアに整える音響モジュールを配置。また、遮音性や装着感の異なる2種のイヤーピースと、耳介に沿うようにして装着をしっかりとサポートするイヤーループも付いている。さらにIPX4の防水性能を持つので、スポーツイヤホンとしても使えるだろう。04.03 完全ワイヤレスイヤホン_ヌアールNT01_case

 左右のイヤホンユニットはマスターとスレーブに設定済みで、充電池ケースから取り出せば自動的にペアリングされるようになっている。本体にボタンがついており、左側で着信応答や音声コマンドの起動、右側で音量調整ができるので、バッグからスマホを取り出さずに操作できるのも便利だ。

04.03 完全ワイヤレスイヤホン_ヌアールNT01_1 本体は急速充電にも対応し、1.5時間の充電で最大約5時間のリスニングが可能。聴かないときはスリープモードになる省エネ設計だ。約1時間で満充電となる携帯ケースは約1.5回のイヤホン本体の充電が可能で、ケース自体も約15分の充電で再生1時間分となる急速充電に対応している。サイズ・重さはイヤホン本体が幅26.0×高さ25.2×奥行28.2mm・約5gで、ケースが幅58.6×高さ35.9×奥行32.6mm・約26g


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ