DAPやイヤホンなどポータブルオーディオ機器多数を新ラインアップ

 輸入オーディオ機器のエミライ(東京)は、中国FiiO(フィーオ)ブランドのポータブルオーディオ機器を、2月中旬から販売を開始すると発表。DAP(デジタルオーディオプレーヤー)2機種とポータブルヘッドホンアンプ、イヤホン3機種を新たにラインアップした。

02.08 ポータブルオーディオ_FiiO新ライン-X7II_01  DAPは「X7MarkII」(市場予想価格8万3,000円/税別)と「X3 MarkIII」(ブラック、レッドの2仕上げ 同2万4,000円)の2モデル。X7MarkIIはハイレゾ現行最大級のPCM384kHz/32bitとDSD11.2MHzに対応した上位モデルで、DACには定評あるESS社製のES9028PROを使う。apt-Xコーデックにも対応したBluetooth、USB DAC機能、2.5mmバランス接続のヘッドホン出力、光/同軸のデジタル出力など、機能も豊富だ。

 一方のX3MarkIIIは、PCM192kHz/24bit・DSD2.8MHz対応のスタンダードモデルで、低ノイズ化を図った回路設計、2.5mmバランス出力などでポ―タブルオーディオが気軽に始められるエントリーモデルとなる02.08 ポータブルオーディオ_FiiO新ライン-X3III_RD

 「Q1Mark II」(同1万3,200円)は、USB DAC機能も備えたポータブルヘッドホンアンプ。最新のDACチップAK4452によりPCM384kHz/32bit・DSD11.2MHzの音楽データにも対応し、DAPとデジタル接続してより高品位な再生が図れる。アンプ部は、ボリュームや出力部などを独立したしっかりとした設計、ボリューム部も最新の低ノイズ、高精度な電子式とするなど、各部に高品位パーツを採用する。2.5mmバランスのヘッドホン出力を装備。オーディオシステムにつなげるライン出力もあるので、さまざまな活用ができるのもポイントだ。02.08 ポータブルオーディオ_FiiO新ライン-Q1II_01

 イヤホン「F9PRO」(チタニウム仕上げ 同1万9,300円)と「F9」(ブラック、レッドの2仕上げ 同1万3,500円)は、ダイナミック・ドライバー1基とBA(バランスドアーマチュア)2基を使ったハイブリッド型で、F9PROはこのBAドライバーにより高品位なデバイスを使っているのが大きな違い。いずれも着脱式のMMCXコネクターで、市販の対応ケーブルを使えばバランス接続で楽しむことができるようになっている。 02.08 ポータブルオーディオ_FiiO新ライン-F9

 「FH1」(ブラック 同1万300円)もダイナミックとBAを各1基使ったハイブリッドイヤホン。BAドライバーは米国のブランドものパーツ、ダイナミック型は強力なチタン製を使う一方、自然な音のつながりを得るためにていねいに設計したネットワークを備えているという。02.08 ポータブルオーディオ_FiiO新ライン-FH0102.08 ポータブルオーディオ_FiiO新ライン-F9PRO_01


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準決勝・決勝の開催日が確定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会の準決勝・決勝の開催日が確定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準決勝・決勝 マッチスケジュール (【】の数字はマッチナンバー) 準決勝:12月5日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ