ピーターラビットがハリウッドへ 5月に全国ロードショー

main イギリス・湖水地方のうさぎ、と言えば、ビアトリクス・ポター原作のベストセラー絵本、ピーターラビット。そのピーターがついにハリウッド進出、実写映画化された。その世界初となるお披露目、『ピーターラビット』ワールド・プレミアが米・ロサンゼルスで開催された。

 豊かな自然に囲まれたイギリスの湖水地方を舞台に、元気いっぱいでいたずら好きなうさぎ・ピーターと、自然を愛する心優しい女性ビアが暮らすお隣に、大都会のロンドンからちょっぴり神経質そうな男性トーマス・マグレガーが引っ越してくるという、オリジナル・ストーリーを映画化。ワールド・プレミアには、ウィル・グラック監督を初め、マグレガーを演じたドーナル・グリーソン、ピーターの声を演じたジェームズ・コーデン、ピーターの妹のフロプシーの声を演じたマーゴット・ロビーなどが出席した。sub1

 大きなにんじんのバルーンが飾られ、本物のうさぎが遊ぶ中、レッドカーペットならぬグリーンカーペットが敷かれた会場。ジェームズ・コーデンは「イギリスで育った誰もがこのキャラクターを知っていて、読んだことがあるけど、映画は(原作者ビアトリクス・)ポターが創り上げたキャラクターの“真実”を表していると思うし、彼女の作品への素晴らしいオマージュやエピソードが隠されているんだ」とコメント。監督も「もしビアトリクス・ポターさんが現代に生きていたら、この映画を楽しんでくれることを切に願うよ」と原作者への想いを語った。

 静かな湖水地方を、“対極”の街ハリウッドが描いた作品。日本では5月、全国ロードショーだ。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ