縁起がいい“大寒卵”を使用 みそ蔵の「大寒卵の黄金みそプリン」

img_147843_1 “大寒卵”とは、暦の上では一年で最も寒い「大寒の日」に産卵された卵のこと。過酷な寒さに負けずに生まれた貴重なものとして、古くから縁起がいいとされている。明治5年創業のみそ蔵「内山味噌店」(茨城)は、一年に一度しか味わえないこの大寒卵を使った「大寒卵の黄金みそプリン」を期間限定で発売した。冬の間、鶏は水の摂取量が減る代わりに餌を大量に食べるため、冬の卵はほかの季節と比べて高い栄養価となる。そして栄養価が高く縁起のいい大寒卵のプリンを食べれば、今年の運気が上がること間違いなし!? 4個セットは1,534円(税込)。6個セットは2,300円(同)。最大16個セット6,048円(同)まである。受験生への手土産などとしても喜ばれそうだ。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ