【絶景!ザ・ワールド】 “オーロラ王国”カナダの中でも有名なオーロラ鑑賞地

(c) RadiusImages/amanaimages	Radius Images
(c) RadiusImages/amanaimages
Radius Images

 一口にオーロラといっても、それぞれのオーロラが見せる形・色彩・ダイナミズムは異なり、千差万別だ。北極圏に近いカナダ北部は、オーロラがよく出現する「オーロラベルト」の真下に位置し、まさに“オーロラ王国”と呼んで差し支えない。そんなカナダの中でも、オーロラの観賞地として有名なのが、ノースウエスト準州のイエローナイフ(Yellowknife)だ。

 オーロラには、肉眼でやっと見えるレベル1のものから、動きが活発な“オーロラ爆発”が見られるレベル5のものまであり、イエローナイフにあるオーロラビレッジはレベル3以上のオーロラが見られる確率が高い。つまりイエローナイフに行けば、インパクトの大きいオーロラに出会える可能性が高いということだ。寒さは苦手だけどオーロラは見てみたいという人には8月中旬から9月までがおすすめだが、やはりオーロラを見るのに一番いい季節は11~2月。

 オーロラ観賞というと防寒対策が気になるところだが、カナダでのオーロラ観賞は気軽にできるのが特徴だ。子どもからお年寄りまで、幅広い年代に対応するため、暖かな室内でオーロラの出現を待つことができる施設を用意したり、マイナス15~30度の極寒に備えた防寒着のレンタルなどを行っていたりする。さらに夏に訪れた場合は、オーロラ観賞に加えてハイキングやキャンプも楽しむことができる。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

1回戦の結果(5月26、27日開催)

いわきFC 1-2 ソニー仙台FC 北海道教育大学岩見沢校 1-1(PK:5-4) 韮崎アストロス SRC広島 0-4 松江シティFC 多度津フットボールクラブ 2-2(PK:4-2) 東海大学熊本 福岡大学 1-0 F … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ