25年ぶりの高値更新  株式投資ってやったことある?

 今年の10月下旬、日経平均株価は史上初となる16日間連続上昇を記録した。11月7日には日経平均株価の終値が2万2937円を付け、バブル崩壊後25年ぶりの高値を更新。また、12月13日には、価総額で今年最大の株式公開となった、佐川急便を傘下に置くSGホールディングスの株式が、東証1部に上場するなど、この1年を振り返ると、株式関連で明るい話題に事欠かない。

 さらに、現行の「NISA(ニーサ)」に比べ、より長期の保有が可能な「つみたてNISA(ニーサ)」の受け付けも始まった。そんな最近の相場における上昇トレンドと、金融投資への追い風を受け、「今こそ株式投資を始めたい!」「資産を増やしたい!」と、投資に興味を持ち始めた人もいるのでは?そこでOVO編集部は、「株式投資ってやったことある?」と調査してみた。

 調査は、ジュピターテレコム(J:COM)「インタラクTV」の投票機能を使って12月に実施し、489人から回答を得た。回答のトップは「やってみたいと思わない」が62%と半数以上。次いで、「現在やっている」(16%)、「今後やってみようと思う」(12%)、「過去にやったことがある」(10%)となった。欧米に比べ、投資に対してネガティブなイメージを抱きがちだとされる日本社会。いまだ多くの日本人にとって、株式投資は遠い存在なのだろうか。今回の調査では昨今の株価上昇局面となっても、株式投資に対してはやや慎重な姿勢を取る人が多い様子がうかがえた。

 株といえば近年、株主優待を駆使してお得に生活する「株主優待名人」がテレビに頻繁に登場したこともあって、配当金のほかに、各種割引券・商品券や株主限定のレアグッズなどがもらえる「株主優待」が注目を集めている。背景には、株取引の「利益」よりも「現物」の方が、「お得感」や「安心して期待できる」といったマインドがあるのかもしれない。とはいっても、株式“投資”であることに違いはない。始めるためには最低限、リスクや株取引の基礎知識などの勉強をせねば。今回は「今後やってみようと思う」と回答した人は少なかったけれど、来年こそは追い風に乗るべく、株の勉強を始めてみようかな。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ