散策で歴史をたどり、古き江戸の街並みや当時に思いを馳せるアプリ

12.18 スマホアプリ_大江戸今昔ものがたり-main 今も続いている歴史ブーム。古地図をたどりながら街中を散策する人たちも多い。あるいは古地図を眺めて、そこで何があったんだろうかと想像を巡らせるのもなかなか楽しいもの・・・。そんな風に古地図を楽しむファンは多い。その古地図をデジタル化するとともに、これを活用したスマホアプリ(iOS版、Android版)、「大江戸今昔めぐり」がリリースされた。

 江戸末期の古地図をそのままデータ化するのではなく、完全描き起こしを行ったことで、文字は読みやすく、また地形や方角などもうまく現代図に重なるようになっている。重ねる地図の透過度を自由に変えられるので、今と昔の違い、変化なども見てとることができる。

12.18 スマホアプリ_大江戸今昔ものがたり-sub1 史跡、寺社、橋などのスポット3,000以上を収録。歴史散歩のガイドブックとしてだけでなく、眺めているだけでも楽しくなるアプリだ。ダウンロードは無償。なおアプリの開発は、ジェイアール東日本企画、JAFメディアワークス、菁映社、ビーマップ、フジテレビジョンの各社(いずれも東京)が参画した大江戸今昔めぐり製作委員会。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ