“お手本”となるシニアは誰? いつまでも美しいあの人がトップに

33000001554 「年長者を人生の“お手本”に」とはよくいわれるが、どんな人を“お手本”にしたら良いのだろうか? 著名人から選ばれた“お手本”にシニアは、いま同世代から圧倒的な人気を誇る“あの人”だった!

 大和ネクスト銀行(東京)が全国の50~79歳の男女を対象に、今年で4回目となるシニアライフに関する調査を実施(有効回答1,000人)し、その中で「お手本にしたいシニア有名人(60代・70代)」を聞いたところ、1位は「吉永小百合さん」(17.7%)だった。吉永小百合さんは4年連続で1位をキープしており、シニア予備軍(50~59歳)・シニア(60~79歳)からの人気が衰える様子はない。男女世代別にみると、シニア予備軍男性の1位は「タモリさん」、シニア男性の1位は「西田敏行さん」、女性ではシニア予備軍、シニアともに「吉永小百合さん」がダントツという結果となった。吉永小百合さんは“サユリスト”よりも女性からの人気が圧倒的という結果は、きれいに年齢を重ねたいと考えるシニア予備軍・シニアの女性が多いのかもしれない。

 2位以下は、2位「タモリさん」(10.3%)、3位「役所広司さん」(7.7%)、4位「名取裕子さん」(6.7%)、5位「大竹しのぶさん」(6.4%)という結果だった。「タモリさん」は調査を開始した2014年こそ11位とトップ10圏外だったものの、2015年は2位、2016年は3位と上位の常連となっている。また、今年60歳を迎えた名取裕子さんと大竹しのぶさんは上位5位にランクインした。

 ついでに、理想の孫についてのランキングを紹介すると、男性有名人1位は「鈴木福さん」、女性有名人1位は「芦田愛菜さん」。今年フィーバーした、将棋の「藤井聡太さん」が5位にランクインした。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ