サラダもクリスマスリースに!? まねしてみたいほどのインスタ映え

201711クリスマスリース 牡蠣(かき)のおいしい季節。年末はやっぱり生がきを囲んでワイワイ、が一回はほしいところ。今年らしい“インスタ映え”サラダが一緒に楽しめる「クリスマスセット」が12月20日から、オイスターバーチェーンのゼネラル・オイスター(東京)で始まる。“食べるクリスマスリース”、ちょっとこのアイデア、家でも拝借したいかわいさだ。

 いよいよ真がきの旬到来。寒さが増すにつれてうま味も増していく真がきは、必須アミノ酸をはじめ、ビタミンB1・B2・ B12、ミネラルなどの栄養素も含まれて良いことずくめの旬の味覚だ。同チェーンでは、生がきに特大「クリスマスリースサラダ」も楽しめるクリスマスセットを販売する。14種類の食材を使って仕立てたものは、今年を締めくくるのにぴったりの“インスタ映え”。2種類のレタスをベースに、ホワイトマッシュルームやわさび菜、ズッキーニに加え、マイクロトマトがヒイラギの実のようにあしらわれている。クリスマス定番のローストビーフやサーモンマリネ、天使の海老なども見え隠れ。バゲットに塗られたクリームチーズは、リースに積もる“雪”のようだ。

img_145321_1 お店に行って楽しんだら、見よう見まねで、おうちパーティーでもやってみたい一皿。ゼネラル・オイスターさん、すてきなアイデアありがとう!

●クリスマスリースサラダ+生がき2個セット 2,980円(税別)

※上記にプラス1,000円(税別)で、スパークリングワイン2杯付き


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ