人工知能があなたのクセを指南!? マネックス証券が個人投資家向けのサービスにAIを活用

マネックス証券 松本社長(写真中央)、HEROZ 林代表取締役(写真左)、山本氏(同右)
マネックス証券 松本社長(写真中央)、HEROZ 林代表取締役(写真左)、山本氏(同右)

 車の自動運転、応答機能を搭載したスピーカー、高速道路の渋滞予測、将棋や囲碁で人間との対戦、ペット型のロボットなど、AI(人工知能)の利用用途が急速に広がっている。そして株やFX(外国為替証拠金取引)など、金融取引の世界にも今後影響を与えそうだ。

 マネックス証券(東京)とAI将棋「将棋ウォーズ」などを開発・運用するHEROZ(東京)は12月11日、AI(人工知能)を活用した金融トレーディングサポートサービスを開始すると発表した。新サービスは、マネックス証券が持つ膨大な金融取引のデータにAI技術を組み合わせることで、トレーダーのFX取引をサポートするもの。トレーダーの取引実績やクセをもとに、投資技術が向上するような分析をAIが行う。マネックス証券で「FX PLUS」を使っているトレーダーに2018年1月から無料で提供される予定。

 両社が共同開発した「トレードカルテFX」の特徴は、トレーダーが売買を重ねる度にデータを蓄積。その過程で取引の傾向や売買に関する一貫性、クセなどをAIが分析。また、実際に行われた売買について「もし他の通貨同士で取引していたならどうなっていたか?」などもシミュレーションしてくれる。決してAIが勝手にお金を儲けてくれるわけではなく、目標とする取引スタイルや取引リズムに近づくための指南役をAIがサポートしトレーダーの投資技術が向上することを目的としている。

 マネックス証券の松本大社長は「AIの技術が個人のトレーダーに提供されるのは世界でもあまり例がない」「AIの可能性は未知数だが、AIと人がコラボレーションするようなサービスを提供していきたい」と語った。

 AIが人間の仕事を手伝う。そんな世界がSF映画の中ではなく着実に近づいている。人間にしか出来ないこと、AIが得意なこと、そしてそのコラボ。ワクワクするような近未来が待っている。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ