ファーストの更に上 シンガポール航空の個室

600-07945140 © Michael Eudenbach Model Release: No Property Release: No An aircraft wing and engines as seen from the window of a jet while flying above the clouds at sunset.

 もともと評判の良いエアラインだが、お財布に余裕があれば(無理だけど…)乗ってみたいクラスが誕生した。航空会社はシンガポール航空、機材は欧州エアバス社のA380。個室タイプのスイートだ。

 この“部屋”は、フランスの高級ヨットデザイナーが設計したもので、クリーム色と茶色が基調の落ち着いた内装。A380 は機体が大きくて離着陸もとても静かだから、この“部屋”にいたら、飛んでいるのを忘れそうだ。ベッドは、座席を倒すのではなく、独立型。長椅子と広いテーブルがあり、食事も優雅にできる。もちろん、ミシュラン星付き級の、世界の著名なシェフを集めた“美食ギャラリー”だし、食器はウェッジウッドのシンガポール航空特製だ。

 食後はもちろんエンターテインメント。23インチのパーソナルLCDスクリーンと、ボーズ社製のノイズキャンセリング・ヘッドホンで、映画や音楽など、1,000以上のオプションから選んでのんびり楽しめる。ちなみに、「パートナーの方が隣接するスイートをご利用される場合、2室を一緒にし、ダブルサイズの客室としておくつろぎいただくことも可能」だそうだから、二人で旅するならおすすめだ。

 12 月にまず導入される航路のシドニー・シンガポール間でみると、お値段は片道で約4,000ユーロ(約53万円)。仏メディアなどによると、このクラスを誕生させたのは「中東の航空会社などとの富裕層の獲得競争に生き残るため」だそうだ。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ