子どもの足音は騒音? 防音グッズの体験展示会

img_142480_5 マンションなどの集合住宅で、「上の階の音が気になる」という話はよく聞く。洗濯機や掃除の音など、時間に気を付けていれば問題ないこともあるが、騒音トラブルで最も多いのは「子供の足音」なのだそうだ。対策を怠ったとして、親に36万円の罰金が科せられた判例もあり、家の中で安心して遊べる防音の遊びグッズが人気なのだとか…。

img_142480_2 子どもが遊べる空き地や公園が少なくなった昨今。加えて、子どもの連れ去り事件なども増え、なかなか安心して子どもを外で遊ばせられないという声も多い。だが、集合住宅では、走り回ったり飛び跳ねたりすれば“騒音”になる。そこで、音を気にせず伸び伸びと遊ばせたい、という需要を受けて、子どもが飛び跳ねても音が気にならないトランポリンや、家の中でバスケットボールのドリブルができるものなど、防音グッズの体験もできる展示会が11月25日まで、東京・京橋で開かれている。

img_142480_4img_142480_3 室内用のボード型トランポリン「バンバンボード」(19,500円・税別)は、ウレタンスプリングで音が響きにくいので、子どもが力いっぱいジャンプしても騒音の心配がない。また、小さな子どもが落ちてケガをしないよう、一般的な一人用のトランポリンの約半分、12.5cmの高さになっている。

シングルの布団より少し小さいサイズの「ばんばんマット」(13,500円・税別)は、10層に圧縮されたポリエチレンフォームで、子どもが飛び跳ねても騒音が気にならないというもの。成人男性が衝撃の強いかかと着地で直接床の上をジャンプした場合、階下で音を計測すると約55dBだが、このマットを敷くと約30dBまで下がった。この音のレベルは、郊外の深夜や、ささやき声程度だそうだ。

 マンション住まいで、頻繁に「静かに遊びなさ~い」と言わざるを得ない、という家庭では、お役立ちグッズになるかも。img_142480_1

●展示会開催場所●

モリイチ京橋店2F 東京都中央区京橋1-3-2 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ