「泣いてもええんやに!」 三重県が“WEラブ赤ちゃんプロジェクト”に賛同しステッカー配布

main 公共の場で赤ちゃんが泣きやまずに困っているママを見かけることは少なくない。人によっては不快に感じることがあるかもしれないが、子育て経験があれば「大変ですね~」と同情する人がほとんどだろう。そこで、エキサイト(東京)が展開する「ウーマンエキサイト」では、エッセイスト紫原明子さんの呼びかけをきっかけに「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」を発足させた。

 このプロジェクトでは、「焦らなくても、大丈夫! その泣き声、温かく見守っていますよ」という「周りの人達(社会)の温かい思いを可視化」することで、困っているママの気持ちが少しでも楽になればと考え、スマートフォンやパソコンに貼れる「WEラブ赤ちゃん-泣いてもいいよ!-」ステッカーを作成して配布中。ステッカーを置いているお店は「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」のホームページで調べることができる。

 そして、このプロジェクトに行政として初めて賛同したのが三重県だ。「みえの育児男子プロジェクト」の立ち上げや鈴木英敬知事自身が育休を取得するなど男性の育児参画推進のための活動をする三重県は、ほかにもさまざまな「子育て支援策」や「少子化対策」に積極的に取り組んでいる。

sub3 今回の賛同を記念して、三重県の方言を使ったご当地バージョン「泣いてもええんやに!」ステッカー(限定1,000枚)を作成し、三重県内10カ所での配布が11月1日に始まった。三重県の鈴木知事は「赤ちゃん連れで公共の場に出かけるのはハードルが高く子育てがしづらいと感じる方が増える中で、このようなステッカーで態度を示すことは、周りの人の優しさが可視化できてうれしい。ぜひ、多くの方に協力してほしい。行政が加わることで広がりも大きくなると思う」とプロジェクトへの賛同理由をコメントしている。

 また、三重県庁県民ホールには、「WEラブ赤ちゃん」プロジェクトフォトブースを11月末までの1カ月間設置している。記念撮影をして、SNSなどで拡散して楽しめる。行った人は、ハッシュタグ「#泣いてもええんやに!」でぜひ紹介しよう

◎ご当地バージョンステッカーの配布先

・三重県庁 県民ホール
・三重県桑名庁舎 県民ホール
・三重県四日市庁舎県民ホール
・三重県鈴鹿庁舎 県民ホール
・三重県津庁舎 県民ホール
・三重県松阪庁舎 県民ホール
・三重県伊勢庁舎 1階・4階ロビー
・三重県伊賀庁舎 県民ホール
・三重県尾鷲庁舎 県民ホール
・三重県熊野庁舎 1階県民ホール

 

 

 

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ