地元愛で生まれたカレーとモチがコラボ 「こんなのあるんだ!大賞」は「杵つき餅カレー」に決定!

大賞を受賞した中国・四国ブロック代表の「杵つき餅カレー」(愛媛新聞社推薦)。カレーと杵つき餅の組み合わせは、まさに「こんなのあるんだ!」。
大賞を受賞した中国・四国ブロック代表の「杵つき餅カレー」(愛媛新聞社推薦)。カレーと杵つき餅の組み合わせは、まさに「こんなのあるんだ!」。

 全国の地方新聞社が厳選した商品をインターネットで販売する47クラブ(東京)は10月16日、地方の隠れた名品を決める「こんなのあるんだ!大賞2017」の審査投票会と授賞式を開催した。

 「こんなのあるんだ!大賞」は、47クラブの事業に加盟する地方新聞社45社46紙が、その取材力と情報収集力を活用し地元ならではの「う~む、わが故郷にはこんな商品があったのか!」と消費者を唸らせる名品を選出。その中から毎年「北海道・東北」「北信越」「関東」「東海・近畿」「中国・四国」「九州・沖縄」の6ブロックで予選を実施。約3万5000点の商品からブロック予選を勝ち抜いた6商品が全国大会でプレゼンと試食などを経て大賞が選ばれる。

 審査を担当するのは、全国の地方新聞社。審査のポイントは「商品に込められたストーリー性」と「希少性・意外性・地域性・優位性」などだ。苦労して作り上げた商品だからこそ、その開発の裏側にはさまざまなストーリーがあり、魅力と愛情がにじみ出ている。

 2017年の商品部門の大賞を受賞したのは中国・四国ブロック代表の「杵つき餅カレー」。愛媛県大洲市の洋食店「ビストロサンマルシェ」のシェフが考案したカレーと、大洲産もち米を用いた「稲工房 案山子」の杵つき餅がコラボした商品。シェフと農家が農業活性化の集いで出会い、地元で採れた新鮮な米や野菜と料理を組み合わせた商品を全国に販売し地域の活性化を目指した取り組みだ。

大賞を受賞したビストロサンマルシェの奥田広司さん(写真中央)は感極まって涙。写真右は餅を製造する農家の沖野順一さん。
大賞を受賞したビストロサンマルシェの奥田広司さん(写真中央)は感極まって涙。写真右は餅を製造する農家の沖野順一さん。

 3日間かけて作ったカレーは玉ねぎの甘みと奥深いコクのバランスが絶妙で、杵つき餅との相性がバッチリだ。餅は毎朝杵でついたできたてのものを使用。餅に玄米も入っているため、口に入れたときの食感がもちもちプチプチと食べごたえがあり栄養も満点。もちろん安心して食べることができる無添加食品だ。レトルト商品のため、熱湯で10分温めるだけでお手軽に食べられるのもうれしい。辛さも抑えられているので、お腹がすいた子供のおやつにぜひ食べさせたい。

 商品部門の優秀賞品は北海道・東北ブロック代表の「デリシャストマト丸しぼり」(デリシャスファーム 宮城県)、関東ブロック代表の「レッドピタヤとアサイーのレアチーズタルト」(カフェパンセ湘南 神奈川県)、北信越ブロック代表の「お米のおかし ゆかり」(パクチープラスP.K.C+ 新潟県)、東海・近畿ブロック代表の「こんにゃくシフォンケーキ」(ゆり庵 奈良県)、九州・沖縄ブロック代表の「ハブ入りハブ酒」(泡盛倶楽部 47CLUB店 沖縄県)がそれぞれ選ばれた。地元の農産物や伝統的な食べ物を現代風にアレンジし、見た目にもインパクトがある商品に工夫されているものが目立つ。

 地方の熱い熱い心意気が感じられた「こんなのあるんだ!大賞2017」。引き続き魅力ある商品が地方からどんどん出てくることを期待したい。

壇上で記念撮影をする受賞者の皆さん。
壇上で記念撮影をする受賞者の皆さん。

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ