かわいい⁉漢和辞典 生まれ変わった『角川新字源』

main 漢和辞典、というカタいイメージが緩む表紙だ。小説『謎解きはディナーのあとで』、『夜は短し歩けよ乙女』、音楽の教科書のカバーなど、数々の作品で注目を浴びる人気イラストレーターの中村佑介さんがイラストを手がけた漢和辞典『角川新字源 改訂新版』特装版(角川書店)が10月30日、発刊される。

 『角川新字源』は1968年創刊、累計部数570万部の漢和辞典の最高峰で、23年ぶりに大リニューアルされた。約4,000文字の収録親字数が増加したほか、情報化社会に対応した漢和辞典を目指した。スマホやパソコンの普及、SNSなどによって情報を受け取り、また発信することが可能となり、多くの人が漢字仮名交じり文の日本語を操るようになっている現代。「漢文を読み解く」という従来の必要性に加え、身の回りにある膨大な漢字を正しく選び、使うための指針となる“必携辞典”に生まれ変わった。

中村佑介氏
中村佑介氏

 若い世代がより漢和辞典に関心を持てるよう、中村佑介さんに表紙のイラストを依頼。「これまでの辞典のように敷居が高くなく、あくまでカジュアルな気持ちで、漢字を学ぶこと自体についての、楽しさや新しい発見を伝えたい」と中村さん。価格は3,000円(税別)。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ