クリプトンから新技術の小型スピーカーや音響アクセサリーグッズ発売

09.14 スピーカー_クリプトンKX0.5-01 個性的なジャパンメイドのオーディオブランド、クリプトンから同社の新しい方向を示す小型スピーカーや音響調整パネルが10月上旬に発売される。

 KX-0.5(Point Five)は同社では初めて18万5,000円(ペア・税別)と、20万円を切るプライスタグが付く小型スピーカーシステム。反応が良く質感の優れた低音が得やすいとされる密閉型キャビネットに、新開発のカーボンポリプロピレンという高分子樹脂系振動板(従来はドイツの専門メーカーの紙=パルプ系素材)をもつ低音ウーファーと上位機と同じ高音用トゥイーターで構成した2ウェイで、50Hzから50kHzの広い周波数帯域をカバー。ウーファーは振動板の素材変更に合わせて、上位モデルが採用するアルニコ磁石に匹敵するパワーを得るべく新設計した高効率かつ強力なフェライトによる磁気回路も持つ。

 ウーファー口径14cmというのも同社初。そこで音質に大きく影響する、高音域と低音域を分ける役割のネットワーク回路も電気特性や精度や耐久性にこだわって、クラスを超えた高品位パーツで構成している。インピーダンス6Ω、感度87dB、サイズ・重さは幅194×高さ352×奥行295mm・7.4kg。

09.14 スピーカー_クリプトンKX0.5-02 同じ時期に発売の音響調整パネルAP-R1000(9万円・税別)は高効率で特性的にも高い効果をもつ2つの吸音素材を使った吸音面と自然な音の拡散ができ、部屋の中で音響特性を調整できるスタンド型パネルの最上位モデルとなる。適所に使えば、より良好なリスニング環境を得ることができる。

 また、インシュレーターIS-HR1(1万9,800円、4個1組・税別)は、独自の制振素材と構造を採用して効果の高さで人気のある同社音響アクセサリーグッズのなかのインシュレーターの新しいベーシックモデル。スピーカーの下に置いて、床の影響を抑えスピーカーが十分に鳴るようにする。KX-0.5のような小型システムに適合するサイズ、重量に最適化されている。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ