「死ぬまでにもう一度行ってみたい」場所は? ヘビーな海外旅行経験者に聞く

10131018090 旅行に行って観光地などを回り、「もう一度行ってみたい」と思うか「いや、もう十分」と思うか、は人それぞれだろう。DeNAトラベル(東京)が10代~60代の男女2007人を対象に実施した「もう一度訪れたい場所」に関する調査によると、回答者の中で「20回以上海外旅行に行ったことがある」と答えたディープな海外旅行経験者の90.5%が「死ぬまでにもう一度訪れたい場所」が「ある」と答えていた。ちなみに、こうした人の「死ぬまでに訪れたい場所」は「海外」が95.1%、「国内」18.0%と、圧倒的に海外が多かった。

【図1】あなたには「死ぬまでにもう一度訪れたい場所」はありますか?
【図1】あなたには「死ぬまでにもう一度訪れたい場所」はありますか?
【図2】「死ぬまでにもう一度訪れたい場所」は国内ですか? 海外ですか?(複数回答可)
【図2】「死ぬまでにもう一度訪れたい場所」は国内ですか? 海外ですか?(複数回答可)

 それでは、海外旅行の経験が豊富な人が、日本で死ぬまでに行きたい場所はどこか? 国内の都道府県のベスト5は、沖縄県(21.6%)、北海道(18.5%)、鹿児島県(7.4%)、青森県(6.2%)、5位は同率で京都府、長野県、長崎県(3.7%)という結果になった。場所別では、宮古島(3.7%)、奥入瀬、石垣島(ともに3.1%)の順となっている。

【図3-1】あなたが「死ぬまでにもう一度訪れたい」と思う場所がある都道府県を教えてください
【図3-1】あなたが「死ぬまでにもう一度訪れたい」と思う場所がある都道府県を教えてください
【図3-2】あなたが「死ぬまでにもう一度訪れたい」と思う場所を1つ教えてください(国内)
【図3-2】あなたが「死ぬまでにもう一度訪れたい」と思う場所を1つ教えてください(国内)

 一方、海外では国別で、アメリカ本土(10.6%)、イタリア(7.3%)、ハワイ(5.0%)、フランス(3.6%)、スペイン(3.5%)がベスト5に。場所別では、ニューヨーク(2.2%)。アンコールワット、パリ(ともに2.1%)が上位となった。

【図4-1】あなたが「死ぬまでにもう一度訪れたい」と思う場所がある国・地域を教えてください
【図4-1】あなたが「死ぬまでにもう一度訪れたい」と思う場所がある国・地域を教えてください
【図4-2】あなたが「死ぬまでにもう一度訪れたい」と思う場所を1つ教えてください(海外)
【図4-2】あなたが「死ぬまでにもう一度訪れたい」と思う場所を1つ教えてください(海外)

 もう一度訪れたい理由を聞くと、「景色がよかったから」(64.0%)が最も多く、以下、「現地の文化がよかったから」(31.9%)、「思い出に浸りたいから」(26.8%)と続いている。さらに、もう一度その場所を訪れる機会があるとしたら、一緒に行きたい人を質問すると、「恋人・配偶者」が53.9%と圧倒的多数を占めた。

【図5】その場所をもう一度訪れたい理由はなんですか?(複数回答可)
【図5】その場所をもう一度訪れたい理由はなんですか?(複数回答可)
【図6-1】もう一度その場所を訪れる機会があるとしたら、一緒に行きたい人は誰ですか?
【図6-1】もう一度その場所を訪れる機会があるとしたら、一緒に行きたい人は誰ですか?
【図6-2】もう一度その場所を訪れる機会があるとしたら、一緒に行きたい人は誰ですか?(以前に一緒に行った、行っていない)
【図6-2】もう一度その場所を訪れる機会があるとしたら、一緒に行きたい人は誰ですか?(以前に一緒に行った、行っていない)

 最後に、「死ぬまでにもう一度訪れたい場所」にまだ行けていない理由を聞くと、最も多かったのは「時間的余裕がない」(38.7%)、2番目に多いのは「行こうと決めている時期がある」(15.2%)となった。

【図7】「死ぬまでにもう一度訪れたい場所」にまだ行けていない理由があるとすればそれはなんですか?
【図7】「死ぬまでにもう一度訪れたい場所」にまだ行けていない理由があるとすればそれはなんですか?

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ