【今日のおやつ】 ハロウィーンの季節にぴったりのパンプキンタルト

子供たちに飾ってもらおう
子供たちに飾ってもらおう

 スイーツ好きが高じてパティシエ並みの腕前、という人が増えた。一方、会社から帰って日々の献立に追われて毎日が過ぎる、というワーキングママや、料理は好きだけどお菓子は大抵買ってくる、という人も少なくない。「今日のおやつ」は、そんな“私にもできちゃう”シンプルなおやつのレシピ。ホームパーティーで自慢するほどでもないけれど、家族でゆっくり楽しめる、「ママ、また作って」と言われるおうちスイーツ。

街中はハロウィーン色。部屋の飾りつけをしたり、仮装して出歩く余裕はないけれど、家で手作りのかぼちゃのタルトはいかが? お助け調理器具は、フードプロセッサー、もしくはハンドミキサーでも。

(text by coco.g)

【材料】

(タルト生地)

小麦粉 120g

グラニュー糖 60g

バター 60g

卵1/2個

(フィリング)

かぼちゃ 1/4個

生クリーム 80㏄

クリームチーズ、マスカルポーネなど 60g

卵 1個

卵黄 1個分

砂糖 50g

はちみつ 25g

シナモンパウダー 小さじ1/3

ナツメグ 小さじ1/4

【作り方】

① タルト生地(直径16センチ)を作る。フードプロセッサーに小麦粉とグラニュー糖を入れて1回混ぜる。キューブに切ったバターを入れて更に混ぜ、最後に卵を加えて、ひとまとまりになるまで回す。

フードプロセッサーで生地作り
フードプロセッサーで生地作り
フードプロセッサーを回すと、生地は自然にひとまとまりになる
フードプロセッサーを回すと、生地は自然にひとまとまりになる

② タルト型に広げてフォークなどで底をピケ(小さな穴をあける)し、180度のオーブンで15分焼く。

③ フィリングを作る。かぼちゃは皮と種を取って、レンジで柔らかくしてから切り、フードプロセッサーに入れる。半量の生クリーム(40㏄)を加え、ピュレー状になるまで回す。

フィリングもフードプロセッサーで(ハンドミキサーでも)
フィリングもフードプロセッサーで(ハンドミキサーでも)

④ ③に砂糖、はちみつ、クリームチーズを混ぜ、更に回す。

⑤ ④をボールにあけ、卵、卵黄、残りの生クリーム、スパイス類を加え、泡だて器で混ぜ、②のタルト型に流し込む。

⑥ 150度で約30分焼き、型を外して冷蔵庫で冷やす。

型に流し込み、平らにする
型に流し込み、平らにする

※子供たちに生クリームを絞ってもらったり、市販のハロウィーングッズを買ってきて飾っても。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ