熱気球で青空に浮かぶワクワク体験 日韓の児童養護施設の子供たち27人が楽しむ

青空に浮かんだ「まもるくん号」
青空に浮かんだ「まもるくん号」

 カラフルな2機の熱気球「まもるくん号」に交代で乗り込んだのは、日本と韓国の子どもたち。国立山口徳地青少年自然の家(山口市)で開催された「日韓青少年交流キャンプ」に参加した27人だ。上空と地上から互いに手を振り合ったり、記念撮影をし合ったりして楽しむ子どもたちの歓声が、9月3日、自然の家周辺に響き渡った。このキャンプは、両国の自治体が持ち回りで1994年から開催。日本と韓国の児童養護施設で暮らす子どもたちに国際交流の機会を提供し、日韓の友好関係を築いていくリーダーになってもらいたいという思いが込められている。

日韓の児童養護施設で暮らす27人の子どもたちが交流キャンプに参加
日韓の児童養護施設で暮らす27人の子どもたちが交流キャンプに参加

 今回は、西日本を中心に熱気球搭乗体験イベントを実施しているビーバー・バルーンクラブ(佐賀市)と共栄火災が、子どもたちの心に残る体験にしてもらおうと企画。3日間のキャンプの最終日にサプライズとして「まもるくん号」係留飛行を実施した。参加した子どもたちからは、「空から眺める景色に感動した」「いつもは体験できないイベントなのでワクワクした気持ちになり、一生の思い出になった」などの声が上がった。共栄火災では「地域や社会との交流をこれからも積極的に図り、子どもたちの一生の思い出となるよう、熱気球によるボランティア活動を継続していきたい」としている。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ