サラウンドが立体に!? 新方式Auro-3Dに対応した高級AVアンプがデノンから登場

08.25 AVアンプ_デノンAVR-6400 ここ1~2年の間、AVアンプの目玉のひとつとなっているのが、Dolby AtmosやDTS:Xという、前後だけでなく上下の方向にも音の移動感が得られる新方式のサラウンド。デノン(D&Mホールディングス 川崎市)からは、これらに加えAuro-3Dという新方式にも対応したAVアンプが発売になる。AVR-X6400H(30万円・税別)とAVR-X4400H(17万円・同)の2機種があり、どちらも同社ラインアップの上位シリーズとなる。9月中旬に発売の予定。

 Auro-3Dは、狭い部屋から広い部屋まで設置できるサラウンドスピーカーに応じた高度な音場空間を作ることができるのがポイント。Dolby Atmosなどと同様、最大11チャンネルのスピーカーを使うが、その配置の互換性を維持しており、これらの方式を楽しめるのはもちろん、フロント垂直方向にもステレオ音場を創成するのが特長だ。そのフォーマットの威力をフルに楽しめるAuro-3D対応ソフトも今後増えていくという。このほか、映像入出力の4K Ultra HD/HDCP2.2伝送対応、AWAやSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスやインターネットラジオを聴いたりネットワークプレーヤーとしても機能、Wi-FiやBluetooth内蔵によるワイヤレス再生や同社のワイヤレススピーカーと組んだマルチルーム再生やサラウンドシステムが簡単に組めるなどの機能面では、2機種ほぼ共通。アンプの数と出力に違いがあり、AVR-X4400Hが235W×9チャンネル、X6400Hが250W×11チャンネルでより高音質の設計がなされている。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ