将来、子どもがほしい“働く女性”は約6割 出産後に働きたいのは同じ会社?それとも・・・

婦人体温計 イメージ
婦人体温計 イメージ

 働く女性にとって、結婚以上にキャリアに大きな影響を与えるのが出産だ。妊娠期間だけではなく、産後の子育て中も、職場の理解がなくては両立は厳しい。女性のための情報サイト「OZmall」とプロジェクト「オムロン式美人」は共同で、働く女性700人を対象に「妊娠・出産」に関するアンケート調査を実施した。「将来、子どもがほしいと思うか?」という質問には、25%が「今すぐほしい」と回答。「いつかはほしい」も36%で、6割の人が子どもを望んでいることが分かった。一方で、「ほしいと思わない」という人は20%だった。「あなたの職場は妊娠・出産について協力体制ができているか」を尋ねると、半数以上の58%は「はい」と答えている。ただ、42%の「いいえ」を考えると、子どもを生むことについて社会全体でサポート体制ができているとはいえないのが日本の現状だ。「出産後、仕事はどのようにしたいか」を聞くと、一番多かったのは「同じ会社に復帰(時短)」で30%。「同じ会社に復帰(フルタイム)」も27%で、半数の人は同じ職場を希望している一方で、「分からない・その他」という人も25%いた。「転職したい」は10%、「働くつもりはない」は8%と少数だった。

 実際に子どもが生まれて働き始めないと分からないかもしれないが、あなたならどうする?


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ