ロボットが読経 葬式のライブ配信も

img_133063_2 IT技術は、さまざまな分野に広がっていく。ロボットの読経や電子芳名帳、葬儀をネット配信して、遠距離でも参列できるなどのサービスが始まりそうだ。葬儀・埋葬などに関する展示会「エンディング産業展2017」(東京ビッグサイト・8月23~25日)にニッセイエコ(神奈川)が出展する。

img_133063_4 まず、菩提寺の無い人や、檀家制度にとらわれたくない人などのニーズに応えて生まれたのが、「ロボット導師」。葬儀や法事法要、戒名授与などの場で、希望の宗派に合わせてロボットが読経してくれるという。また、今まで手書きで行われていた芳名帳記入をIT化。いくら香典が集まったかがすぐ分かり、帳場での作業が軽減されるほか、返礼品を参列者がその場で選択できる「電子芳名帳」もある。

img_133063_1 さらに、葬儀や法事をインターネットでライブ配信し、参加できない人もスマホで疑似参列できる「ネット葬儀」や、アバター機能により祭壇の疑似シミュレーションができる「アバター祭壇」なども。比較的IT化が遅れているといわれる葬儀業界でのIT化が、一気に進みそうだ。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ