ラックスマンがロングセラーのプリメインアンプを最新技術でブラッシュアップ

 オーディオ機器のラックスマン(横浜市)は、新プリメインアンプL-505uXIIを8月下旬に発売する。2011年に登場、約6年間にわたって同社アンプラインアップの中核となってきたL-505uXのマークII版となる。価格は26万8,000円(税別)。

(使用済)07.16 オーディオアンプ_ラックスマン550-0107 音質との関わりが深くアンプのキーデバイスである音量調整、より効率的に信号の歪みをとり除くためのフィードバック回路、これまで以上に短縮化を突き詰めた信号経路など、最新アンプ技術を投入。100W+100Wの大出力を得ながら、高音質との両立を図っている。

(使用済)07.16 オーディオアンプ_ラックスマン550-02 最近の流れに従ってレコード再生のためのフォノイコライザー回路(MM/MC対応)を内蔵しているほか、豊富な入力系では高級機の証のひとつであるバランス入力端子も装備。プリ、パワー(メイン)アンプ回路のセパレート化、それぞれを単独に使うといった方法にも対応しているので発展的な使い方もできる。

 消費電力270W、サイズが幅440×高さ178×奥行454mm、重さ22.5kg。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ