テレビにもリアルな劇場サウンド ヤマハの3Dバーチャルサラウンド対応TVスピーカー2機種

YAS-107(左)とサブウーファーが別筐体のYAS-207(右)。
YAS-107(左)とサブウーファーが別筐体のYAS-207(右)。

 ヤマハはバータイプのTVスピーカーシステム、YAS-107(市場価格2万8,000円前後、税込み)とYAS-207(同4万3,000円前後)を、7月下旬に発売する。AVアンプで進んでいる3次元サラウンドだが、フロントスピーカーだけでこの方式の再現を狙うDTS Virtual:X、次世代高画質の4K/60pとHD伝送などに対応している。

 バーチャル3Dサラウンドは、従来の前方、左右、後方に加えて高さ(上下)方向まで音の移動表現をバーチャルで再現可能にする技術。従来、どうしてもTVの下から聞こえてきた映画のセリフもきちんと画面の中央に位置するようになるほか、包まれるようなサラウンド効果も、よりリアルになるという。

 Bluetoothに対応しているのでスマホの音楽をワイヤレスで楽しむのにも活用できるほか、スマホから簡単操作ができる専用アプリ(iOS/Android)も用意している。YAS-107と207の違いはフロントスピーカーの数とサイズなど。YAS-107はスピーカー4基とサブウーファー2基のワンボディーで消費電力27W、サイズが幅890×高さ53×奥行131mmで重さ3.4kg、YAS-207はセンターとサブウーファーの2ボディでスピーカー6基とサブウーファー2基を搭載。消費電力はセンター部30Wとサブウーファー部19W、サイズ・重さは幅930×高さ60×奥行108mm・2.7kg(センター部)、幅180×高さ437×奥行401mm・7.9kg(サブウーファー部)となる。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

3回戦 ヴァンラーレ八戸vs名古屋グランパス 試合の取り扱いについて

 7月12日(水)、雷雨の影響により後半途中に試合中断後、試合中止となった「第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 ヴァンラーレ八戸vs 名古屋グランパス(マッチナンバー【70】)」の試合の取り扱いについて、公益 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ