50年に1度の開花 竜舌蘭がまもなく…!

(c) JUNKO KUBOTA/a.collectionRF /amanaimages
(c) JUNKO KUBOTA/a.collectionRF /amanaimages

 “リュウゼツラン”という名前のごとく、葉が竜の舌のような形状で、巨大なとげを持っている植物だ。とても成長が遅く、50年に1度しか開花しないと言われているその花が、江の島アイランドスパ(パラダイスリゾート・東京)でまもなく咲くようだ。

d10486-7-522383-0 メキシコなど熱帯地域に自生し、その成長の遅さから英語では“Century Plant(世紀の植物)”とまで呼ばれているのだそうだ。観光客も気軽に立ち寄れる敷地内の食べ歩きスポット「ドラゴン広場」にある竜舌蘭は2004年、施設オープンと同時に植えられたが、ここ数カ月で著しく成長を遂げ、先端から蕾らしきものが見えるようになっているという。50年に1度と言われる“奇跡の開花”、温泉やスパを楽しみつつ、期待しよう。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ