中小企業も活用できる プレスリリース配信サービス

11092001715プレスリリース配信サービスとは

 プレスリリース配信サービスは、複数の報道機関やメディアなどにプレスリリースを配信できるサービスです。コストや手間をあまりかけずに、多くの消費者や企業、メディアに情報発信できる可能性があり、例えば、「集客率のアップ」「イベントの来客数の増加」「商品・サービスの売上の増加」「大手メディアへ配信」などの効果が期待されます。

 最近では、単なる商品・サービスの告知だけではなく、関連するアンケート調査結果をプレスリリース配信し、そこから自社メディア・ECサイトに誘導する例も多くなっています。

 また、現在では、スタートアップ企業のための無料配信サービスや、配信+プレスリリース作成支援などさまざまなサービスがあります。商品・サービスの認知度向上を目指して、プレスリリース配信サービスの活用を考えてみましょう。

プレスリリース配信サービスの主な流れ

 プレスリリース配信サービスの流れは、プレスリリース配信企業によって異なりますが、おおよそ次のようになります。

1)プレスリリース配信企業への会員登録

 会員登録には、入会審査が必要な場合があります。プレスリリース配信企業にもよりますが、審査の内容は「申し込み企業のウェブメディアなどを見て事業内容を確認する」などがあるようです。

2)プレスリリースの配信準備とプレスリリースの配信

 会員登録が完了すると管理画面からプレスリリース内容を入力、配信先のメディアの選定、プレスリリースの配信などができるようになります。

 プレスリリース配信企業では、別料金でプレスリリースの内容や文章についてアドバイスしてくれたり、作成を代行してくれたりするサービスもあるので、慣れないうちは、こうしたサービスを使ってもよいでしょう。

3)プレスリリース配信企業による露出状況チェックと配信結果の確認

配信後は、プレスリリース配信企業が露出状況をチェックしてくれます(オプションサービスになっている場合もあります)。どのメディアにプレスリリースを配信したか、ウェブメディアについては「いつどこに掲載されたか」などを教えてもらえます。

また、配信後1週間にわたって、国内主要新聞やニュースサイトなどでの掲載状況を、メールでお知らせをしてくれるオプションサービスを提供しているプレスリリース配信企業もあります。

プレスリリース配信サービスの活用ポイント

 プレスリリースは、「読んでもらえるように」工夫することが大切で、「わかりやすさ」がポイントになります。たとえば、1つのプレスリリースのなかで紹介するのは「1つの商品・サービス」が理想的です。たくさんの情報をあれこれ盛り込むより、伝えたいことをシンプルに掲載したほうが、読む側としては分かりやすいからです。そのため、商品・サービスのメリットや効果が分かりやすいシンプルな内容を心がけましょう。

 プレスリリースを配信しても、期待している効果(売り上げの増加など)がすぐに出ないかもしれません。内容・配信時間・頻度・対象メディアを見直して効果検証を繰り返すなど、より効果的なプレスリリース配信方法を見つける努力をし続けることが大切です。

 

筆者:日本情報マート

経営者の意思決定に役立つ情報を発信。金融機関にも提供。
また年間200件を超える市場調査も実施。
http://www.jim.jp/

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ