自転車保険加入義務化から1年 au損保が大阪府に自転車ヘルメットを寄贈

10445002633 2016年4月1日に施行された大阪府の「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」。この条例は、2015年の交通事故死者数が増えたことがきっかけで制定された。条例の施行も功を奏してか「大阪の交通白書」によると2016年は事故数、死者数とも前年比で減少している。

 条例では「自転車損害賠償保険等(以下、自転車保険)の加入」も2016年7月1日から義務化。高額賠償を求められる自転車事故も発生する中、被害者保護を目的とし保険への加入を促すことで、安全・安心して暮らせる社会を実現するものだ。

 大阪府とau損害保険株式会社(以下、au損保)は、条例の施行に合わせて2016年3月30日に協定を締結。「自転車保険の加入促進と交通安全教育」のために協力し「新しい制度の自転車保険の提供」「保険に関する相談窓口の設置」「条例、保険の周知、情報提供の協力」「交通安全教育の取組み」を実施する内容。

 自転車保険加入義務化から約1年が経過した7月7日、au損保は本協定に基づき、保険料収益の一部から自転車ヘルメット60個を寄贈。贈呈式が大阪府庁内で行われ、au損保の荒尾執行役員から大阪府の井出都市整備部長にヘルメットが渡された。

大阪府の井出都市整備部長(左)とau損害保険株式会社の荒尾執行役員
大阪府の井出都市整備部長(左)とau損害保険株式会社の荒尾執行役員

 井出都市整備部長は「条例や自転車保険加入義務化をイベントなどを通して府民に周知を図り、今後も交通事故防止につなげたい」「条例の施行により教育現場とも連携して交通安全の啓発活動も行っている」「ヘルメットは交通安全イベントなどに参加された府民にプレゼントしたい」と語った。

 子どもや高齢者が被害者にも加害者にもなってしまう自転車事故。被害の大きさによっては数千万円にも上る高額賠償を求められるケースもある。自転車利用者が交通ルールを再確認する機会と、自転車保険加入を義務化する自治体は今後もっと増えていってほしい。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ