ぴあ映画初日満足度ランキング 水谷豊ファンやダンス好きは絶対に見逃せない!

d11710-527-447627-0 映画情報サイト・ぴあ映画生活(ぴあが運営、東京)は、6月16日、17日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。

 それによると、トップに輝いたのは、テレビドラマ「相棒」シリーズでおなじみの水谷豊が40年以上温め続けてきた企画を、自ら監督と主演を務め映画化した『TAP─THE LAST SHOW─』となった。

 観た人の中からは、「もっとシンプルな内容だと思ったけれど、最後のダンスショーのシーンが凄くて、涙が出てしまった。この映画を観ればタップダンスの魅力が伝わる」(21歳・女性)、「水谷豊の恐ろしいまでの才能を思い知らされた。ラスト20分のダンスシーンは特に素晴らしく、タップを始めてみようかなと思った」(58歳・男性)、「映画のストーリーとタップダンスが別物にならず、同化していて両方を楽しめる。最後のダンスは圧巻で、劇場で実際に見ているかのようだった」(60歳・女性)などのコメントが出ており、水谷豊ファンのみならず、ダンス好きの人にも見逃せない映画であるようだ。

 第2位は、テネシー州・メンフィスの音楽シーンに焦点を当てたドキュメンタリー『約束の地、メンフィス ~テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー~』、第3位は、馬術の障害飛越競技で五輪の金メダリストになったフランスのライダー、ピエール・デュランの実話に基づく伝記ドラマ『世界にひとつの金メダル』だった。

************************************

1位『TAP -THE LAST SHOW-』92.8点

2位『約束の地、メンフィス ~テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー~』91.9点

3位『世界にひとつの金メダル』91.2点

4位『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』90.8点

5位『こどもつかい』89.4点

6位『おとなの恋の測り方』86.4点

7位『心に吹く風』86.1点

8位『レイルロード・タイガー』84.3点

9位『キング・アーサー』82.4点

10位『映画 山田孝之3D』81.4点

11位『リベンジ・リスト』77.7点

12位『ドッグ・イート・ドッグ』64.0点

(6月17日ぴあ調べ)

************************************

 ぴあ映画初日満足度調査とは ぴあが公開初日に映画館で出口調査を実施し、観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表している。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

2回戦の結果(6月21日開催)

        鹿島アントラーズ 5-0 FCマルヤス岡崎   モンテディオ山形 1-0 V・ファーレン長崎   北海道コンサドーレ札幌 2-5 いわきFC & … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ