「普段の食事」の尊さ説く2人 異色の“食”対談、九州で実現

【イベントのちらし】
【イベントのちらし】

 「料理研究家」ときいて、マンガ「美味しんぼ」の海原雄山を浮かべる人もいるかもしれない。雄山は、食の「奥義」を知り尽くした美食の権威。新聞記者の息子・山岡士郎が進める「究極のメニュー」作りの前に立ちはだかる。実写版の映画では、この親子を三国連太郎、佐藤浩市という実の親子が演じ、2人の実人生の対立模様が役どころと重なり、大きな注目を集めた。 雄山、士郎と同様、有名な「料理界」の父子といえば、土井勝さん、土井善晴さんだ。父親の勝さん(故人)は、長らくテレビの料理番組を通じてお茶の間で親しまれた料理研究家。息子の善晴さんは最近料理の盛り付けを評価するテレビ番組の審査役としても人気で、ともに関西弁の親しみやすい語り口で知られている。

 そんな善晴氏と、「弁当の日」の活動を提唱した元小学校校長・竹下和男氏の興味深い初顔合わせの対談や2人の講演会が7月17日午前10時から、福岡市の九州大学・箱崎地区旧工学部本館・大講義室で開かれる。

 弁当の日は、保護者の手を借りずに子ども自ら弁当作りに取り組む活動。竹下さんが校長を務める小学校で始めた。食への感謝の気持ちなどを育てる活動として注目され、全国の小中学校で取り組まれている。

 経歴や立場は異なるが土井氏と竹下氏は「日本の食卓を守る」という思いは一緒。ともに「普段の食事の尊さ」を説く両氏の話を聞きながら、食への思いを深めてみてはいかが。

 参加費は大学生以下無料 、一般は2000円(当日支払い)。
申し込みはWebサイトの九州大学・創食倶楽部公開セミナー告知ページから。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ