トリップトラップに新色 40年超のロングセラー

sub2 子供の頃に自分が使っていた、という人もいるだろう。ノルウェー生まれの木製ベビーチェア、「トリップ トラップ」(ストッケ・東京)。今年の新色コレクションが5月24日から発売になる。

mainsub1 1932年創業のストッケが、この初めての子供向け製品を作ったのは1972年。ノルウェー人デザイナーのピーター・オプスヴィックが、人間工学に基づいてデザインしたこの椅子は、世界累計販売台数が1,000万台を突破している人気商品だ。新色コレクションは、北欧の自然の彩りからインスパイアされ、インテリアの差し色にもなるラインナップ。心なごむ暖かみのある「ヘザーピンク」、遊び心をくすぐる「モスグリーン」、そして森林のエナジーを生き生きと表現した「フォレストグリーン」の3色だ(税抜27,500円)。高い背もたれとガードで赤ちゃんをしっかりと支える「トリップ トラップ ベビーセット」にも、同じ3色が追加される(税抜7,250円)。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

3回戦 ヴァンラーレ八戸vs名古屋グランパス 試合の取り扱いについて

 7月12日(水)、雷雨の影響により後半途中に試合中断後、試合中止となった「第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 ヴァンラーレ八戸vs 名古屋グランパス(マッチナンバー【70】)」の試合の取り扱いについて、公益 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ