国際
政治・経済・国際の解説&分析記事

見えている世界は変えられる 私が自殺対策に取り組む理由

しあわせのクローバー表紙

 厚生労働省のウェブサイトで1月に公表された、2017年の年間自殺者数(速報値)は、2万1140人。

「生と死」に揺れ動く中で、1人でも多くの人が「生きる選択」をしたのではと、胸をなで下ろす。しかし、すぐに、鉛を飲み込んだかのような感覚に襲われる。16年より減少と言っても「21140」人は、ただの数字ではないからだ。そこには、一人一人の人生が確かに存在していたのであり、1人でも自殺する人がいる限り、その対策は必要だと思う。

 

 私が自殺対策を始めたのは20歳の時。“乳がん”の疑いと告げられた余命宣告に、大学病院からの帰り道、初めて世界が白黒に見えた気がした。現実が信じられないという感情を通り越し、生きている実感を失った。そんな中突然受けた、旧友の訃報。自らいのちを絶ったという。何も知らなかった。何もできなかった。後悔して後悔して後悔した結果、今こうしている間にも、自らいのちを絶とうとしている人がいることに気づいた。

 自分の生きる1秒が、もしも誰かの生きる1秒になることができるなら…。そんな思いから、自殺対策を始めた。

 私は死ぬのが怖かった。だから「死への恐怖以上に生きることがつらい状況は、どれだけの苦しみなのだろう」と胸が締め付けられた。死んではいけないと言う権利は、私にはないかもしれない。でも「生きる選択をしてほしい」と、強く思った。なぜなら、見れない死の世界は変えられないけれど、見えているこの世界は変えられるかもしれないからだ。

 3週間後、乳がんではなかったと余命宣告は撤回された。その後、自殺対策に携わって、今年で10年を迎えた。

 

誰もがゲートキーパー

 

 さまざまな自殺対策に関わってきたが、「全国一丸となった企画」「年間を通した広報」「教育現場での普及」という目標ができ、厚労省で現職を担当している。広報を展開する中で、無償や親しみやすさも心がけたが、一貫して根底にあるのは「誰も傷つけない広報」だ。

 不可能かもしれないが、それでも、自殺対策の広報に触れるさまざまな人が傷つかないよう、企画・デザイン・文言などには細心の注意を払い、制作してきた。

 一つの例が、「ゲートキーパー」の行動が学べる教材風絵本「しあわせのクローバー」である。ゲートキーパーとは、「悩んでいる人の存在に気がつく」「傾聴する」「支援先につなげる」「温かく見守る」などの行動をする人のことで、資格は必要ない。行動した瞬間から、誰もがゲートキーパーだ。

 世界保健機関(WHO)をはじめ、多くの国々で使用されている用語・概念である。一つでも行動したらゲートキーパーであることからも、用語や概念を知らずとも、ゲートキーパーとして自殺対策に貢献している人もいるのではないだろうか。

 ただ、傾聴する際には話しやすい環境をつくり、否定せずに聴く、支援先には確実につなげるようにするなど、さまざまなポイントがある。

 ここで紹介したのは、あくまでも一部だ。だからこそ、ゲートキーパーの行動を知ってもらう機会が必要だと、幅広い世代向けに企画を展開している。

 遠い未来を考えた時に、教育の現場でゲートキーパーの行動や具体的な支援先について学べる機会が必要だと思った。

 

自然に支え合う社会

 そこで私が作ったのが「しあわせのクローバー」だ。

 文部科学省の協力も得ることができ、最終ページには厚労省のロゴと一緒に名称が並ぶ。また、厚労省のウェブサイトだけでなく、文科省ウェブサイトの道徳教材アーカイブにも掲載される予定で、自由に活用できる。

 何年後、何十年後も生きる子どもたちに向けてだけではなく、今を生きる子どもたちへのメッセージでもあることから、教材として使われた時に感情移入しすぎて傷つく子どもがいないよう、登場するキャラクターは鳥やクローバーなど、あえて擬人化した。

 なお、今年の自殺対策強化月間(3月)で展開する、厚労省企画・提供のYahoo!特別企画ページ「悩んでいるあなたへ支えたいあなたへ」では、この「しあわせのクローバー」だけではなく、動画も紹介している。

 私事だが、昨年12月上旬から今年の2月中旬まで、がんの疑いが出た。複数の検査に不安がなかったと言えばうそにはなるが、ただその時は、自然と「死」を覚悟できた自分もいた。

 もちろん、大切な人もいる。もちろん、やりたいこともある。もちろん、生きられるなら生きたい。

 でも、20歳のころと違い「がん」の言葉が出た時に真っ先に思ったのは、「十分生きたな」という感情だった。それは、自殺対策を通して私が「生と死」に向き合い、微力ながらも、掲げた自殺対策をやり遂げることができたからなのだと思う。その実現には、多くの人の温かい支えがある。関わってくださった皆さんへの感謝があふれると同時に、今この文章を読んでいただいている皆さんにも心からお礼を伝えたい。

 自殺対策って、誰のものなんだろう。

 ただ「幸せ」という言葉に託すのは違うような気もするけれど、でも「幸せ」がもしも自殺対策に結びつくものであるのならば、それは「一人一人がゲートキーパー」といった観点だけではなく、自殺対策は、私たち一人一人のものではないだろうか。

 自殺対策を対策として特別にとらえるのではなく、ごく自然に関わり合える、ごく自然に支え合える、そんな社会になることを切に願っている。

 

 

[略歴]

厚生労働省自殺対策推進室広報

天坂 真理(あまさかまり)

富山市出身、30歳。早稲田大学大学院修了。博報堂プロダクツ、テレビ局(新潟・秋田)アナウンサーを経て、内閣府自殺対策推進室広報職に転身。厚生労働省に業務移管された2016年から現職

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ