ふむふむ納得!ライフスタイルニュース&コラムの記事

星野源の勢いが止まらない! 「ビルボード」が2017上半期ランキングを発表

img_130548_1 星野源はやっぱり強かった! 日本におけるBillboardブランドのマスターライセンスを保有する阪神コンテンツリンクは、「ビルボードジャパン」2017年上半期チャートを発表した。総合ソング・チャート【JAPAN Hot 100】では、2016年後半の代表曲となった星野源「恋」の勢いが止まらず、シングル・セールス以外のダウンロード、ストリーミング、ラジオ、Twitter、ルックアップ、動画再生の6つの指標で首位となり、2位以下に大差をつけ1位を獲得した。

 「恋」は、シングル・セールスこそAKB48「シュートサイン」を下回ったが、ダウンロードではこれを遥かに上回るセールスを記録! ヒットのサイクルに入ると、デジタル領域で爆発的な広がりを見せるという2010年代のコンテンツマーケティングの典型的な動きとなった。

 さらに注目すべきは欅坂46の躍進。動画再生での上位をキープし「二人セゾン」、「不協和音」、「サイレントマジョリティー」の3曲がトップ10にランクイン! ダウンロードやストリーミングでも強さを見せるなど、メディア露出によりグレー層も取り込み、ファン層を拡大した格好だ。

 他方、上半期の総合アルバム・チャート【JAPAN Hot Albums】では、惜しまれつつ解散したSMAPの『SMAP 25 YEARS』がセールスで大きくポイントを稼ぎ首位となった。本作は上半期にリリースされたアルバム作品の中で唯一ミリオンを達成! 断トツのCDセールス数とルックアップ(PCによるCD読み取り数)でも4位に入っている。

 なお、【JAPAN Hot 100】、【JAPAN Hot Albums】と同時に発表した総合アニメチャート【JAPAN Hot Animation】、【Top Artist】も加えた上半期のランキングは、以下の通り。

★Billboard JAPAN Hot 100
<総合ソング・チャート上半期>

 CDの全国推定売上枚数、ダウンロード回数、ラジオ放送回数、ルックアップ数、ツイート数、ストリーミング数、YouTubeおよびGYAO!の動画再生回数を合算した、米国でもBillboard音楽チャートの中心となる総合ソング・チャート。

1:「恋」:星野源
2:「二人セゾン」:欅坂46
3:「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」:ピコ太郎
4:「不協和音」:欅坂46
5:「インフルエンサー」:乃木坂46
6:「前前前世」:RADWIMPS
7:「サイレントマジョリティー」:欅坂46
8:「TOKYO GIRL」:Perfume
9:「シュートサイン」:AKB48
10:「ダーティ・ワーク」:オースティン・マホーン

★JAPAN Hot Albums
<総合アルバム・チャート上半期1位>

 CDの全国推定売上枚数、ダウンロード数、ルックアップ数の3つのデータを合算した、国内唯一の総合アルバム・チャート。

1:『SMAP 25 YEARS』:SMAP
2:『アンコール』:back number
3:『サムネイル』:AKB48
4:『Ambitions』:ONE OK ROCK
5:『THE JSB WORLD』:三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
6:『Fant ome』:宇多田ヒカル
7:『人間開花』:RADWIMPS
8:『ゆずイロハ 1997-2017』:ゆず
9:『THE KIDS』:Suchmos
10:『生まれてから初めて見た夢』:乃木坂46

★Billboard JAPAN Hot Animation
<総合アニメソング上半期1位>

 Billboard JAPAN Hot 100からアニメTV/映画のタイアップ楽曲と、アニメ声優による楽曲を抽出したアニメソング・チャート。

1:「前前前世」:RADWIMPS
2:「orion」:米津玄師
3:「OVER THE TOP」:Hey!Say!JUMP
4:「バグっていいじゃん」:HKT48
5:「ようこそジャパリパークへ」:どうぶつビスケッツ×PPP
6:「Catch the Moment」:LiSA
7:「渡月橋~君 想ふ~」:倉木麻衣
8:「一滴の影響」:UVERworld
9:「なんでもないや」:RADWIMPS
10:「どこまでも~How Far I’ll Go~」:加藤ミリヤ

★Billboard JAPAN Top Artist
<アーティストランキング>

 総合ソング・チャートおよび総合アルバム・チャートのポイントを合算したビルボードジャパン独自の総合アーティストランキング

1:星野源
2:RADWIMPS
3:ONE OK ROCK
4:欅坂46
5:back number
6:SMAP
7:三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
8:AKB48
9:乃木坂46
10:Mr.Children


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ