ふむふむ納得!ライフスタイルニュース&コラムの記事

奨学金の返済支援 入社後3年と5年の社員に

10573004406 入社した時にはすでに“借金”を負っている……そんな人が増えている。貸与型奨学金を、卒業後に働きながら返済するためだ。そんな社員のために、サタケ(広島)は、定期採用者のうち、入社後3年および5年を経過した社員に、奨学金の返済を一部援助する「奨学金返済支援制度」を創設した。

96958A9E808182E6E6E0E4E0E68DE3E5E2E6E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXZZO1538602017042017000000-PB1-1 全国的に、奨学金の受給者は2000年頃から増加傾向。大学生の5割が受給しているという調査結果もある一方で、卒業後に奨学金の返済を滞納するなど、返済に苦しむケースも増え、社会問題になっている。

 そこで同社では、奨学金を返済している社員の支援策として、入社後3年を経過した社員に返済額の3カ月分を、同5年で6カ月分を夏季賞与に加算して支給する。現在、同社では勤続5年目までの社員の約37%が奨学金制度を利用しており、その毎月返済額の平均は19,479円だという。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

1回戦の結果(4月22、23日開催)

アルテリーヴォ和歌山 2-3 FCマルヤス岡崎   いわきFC 8-2 ノルブリッツ北海道   ギラヴァンツ北九州 10-0 アルヴェリオ高松   韮崎アストロス 1-5 ブリオベッカ浦安   AC長野パルセイロ 1-0 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ