エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛が20万円の投資術を提案 「“守”細田佳央太と“里美”鈴木保奈美の親子愛が泣けた」

「家庭教師のトラコ」  (C)日本テレビ

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第3話が、3日に放送された。

 本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を手掛けた。

 トラコの教え子の上原守(細田佳央太)は、東大に行くよりも漫才師になりたいことを、母親の里美(鈴木保奈美)に言えずにいた。

 そんな守に、トラコは里美から受け取った授業料の20万円を「先行投資」と言って渡し、お笑い養成所の入学金に使うことを勧める。

 後日、守は願書と20万円を持参し、お笑い養成所を訪れるが、里美に黙って入学することにおじけづく。そんな守の前に芸人風のコスプレで現れたトラコは、「やっぱりママに正直に言うしかないんじゃない?」と諭す。

 その夜、守は芸人になりたい思いを真剣に伝えるが、里美は頑として認めず、「そんな甘いもんじゃない」と反対。口論の末、守は里美を突き飛ばして、家を出て行く。

 どうしたらいいか分からずに悩む守に、トラコは、里美を納得させるための20万を使った“ある作戦”を提案する。

 放送終了後、SNS上には、「脚本が面白い。橋本愛ちゃんがすごくいい」「細田くんは『ドラゴン桜』以来の2度目の東大受験! 頑張れ」「勉強する目的を一人一人丁寧に見付けさせて、やる気にさせ、最後は感動もさせてくれる家庭教師のトラコ。すごくいい」などの声が投稿された。

 また、守と里美の親子の姿について、「最後に2人がお互いを思いあってるのが分かって感動した」「鈴木保奈美さんと細田くんの親子愛が泣けた。(NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』で鈴木が演じている)重子よりいい」「鈴木さんが津軽弁で訴えるシーンがすごかった。めちゃ感動した」といった感想が寄せられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ