エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

田中偉登「ちむどんどん」で若き日の三郎役 「再び朝ドラに参加できてとても光栄です」

若き日の平良三郎を演じた田中偉登 (C)NHK

 NHKで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。8月4日放送の第84回に登場した田中偉登からコメントが届いた。

 本作は、本土復帰前の沖縄“やんばる地域”で生まれ育ったヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)が、困難や挫折に見舞われながらも、3人の兄妹たちと共に支え合いながら大人への階段を上っていく家族の物語。

 田中は、片岡鶴太郎が演じている、鶴見の沖縄県人会会長・平良三郎の“若き日”を演じた。

 第73回(7月20日放送)では、三郎が若き日を回想する中で、かつて、暢子の父・賢三(大森南朋)から三線(さんしん)の手ほどきを受けていたことが明かされていた。

 朝ドラには「エール」(20)以来の出演となる田中は「再び朝ドラに参加できてとても光栄です。僕は現在の三郎さんに比べ、荒々しくザラザラとした若き日を生きました。暢子を三郎さんの下に導いたのが、僕があのとき、賢三さんから教わった三線の音だったことにテレビの前でちむどんどん(沖縄方言で胸が高鳴るの意味)しました!」とコメント。

 「作品を通して、今ある当たり前のことは幸せなことなのだと再認識することができました」とし、「幸せになることを諦めない四兄妹が、自らの手でどのように幸せをつかむのか、最後まで楽しみです」とメッセージを送った。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ