エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

『アバター』最新作、日本公開日が12月16日に決定 美しいナヴィの少女が描かれたポスター&場面写真が公開に

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』のポスタービジュアル (C)2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

 ジェームズ・キャメロン監督が13年間心血を注ぎ、新たな金字塔を打ち立てた『アバター』の最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の待望の日本公開日が、全米公開と同時の12月16日に決定。併せて、美しいナヴィの少女が描かれたポスター、そして場面写真も解禁となった。

 物語は第1作目から約10年後、地球からはるか彼方の神秘の星パンドラの神秘的な世界。元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)はパンドラの一員となり、先住民ナヴィの女性ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)と結ばれる。

 2人は、家族を築き、子どもたちと共に平和に暮らしていたが、再び人類がパンドラに現れたことで神聖な森を追われ、未知なる“海の部族”のもとへ身を寄せる。だが、この美しい海辺の楽園にも、侵略の手は迫っていた…。

 先日、特報が全世界で解禁されると、1日で約1億5000万回再生いう圧倒的な記録を打ち出し、13年越しに進化を遂げた“アバター体験”について、熱い関心が世界中から注がれた。

 日本でも圧巻の映像について、「映像がすごくきれいでこれ見ただけで泣いた」「半生をかけて待ち続けた作品。トレーラーだけで鳥肌」「ずっと待っていました! 絶対映画館で見る!」「IMAX3Dで見た予告は本当にすごかった。期待できそう」といった声が上がった。

 解禁された場面写真からも、キャメロン監督が創造した世界の一端が垣間見え、同時にエモーショナルに満ちあふれた物語も予感させる。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ