エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

オースティン・バトラー「エルヴィスの物語を分かち合えることを幸せに思う」 バズ・ラーマン監督と共に来日

オースティン・バトラー(左)とバズ・ラーマン監督 (C)エンタメOVO

 映画『エルヴィス』来日記念イベントが28日、東京都内で行われ、主演のオースティン・バトラーとバズ・ラーマン監督が登壇。ゲストとして玉城ティナほかが登場した。

 本作は、若くして謎の死を遂げたスーパースター、エルヴィス・プレスリーの生涯を描いた伝記映画。

 ラーマン監督は「日本人にとても愛されたエルヴィス。彼の夢は日本に来てパフォーマンスをすることだった。しかし、いろいろな罠にかかりそれはかなわなかった。どうしてそんなことに…? その謎は映画を見れば明らかになります」とアピールした。

 初来日となったエルヴィス役のバトラーは、温かい歓迎に「アリガトウ」と笑顔で感謝。「エルヴィスの来日の夢がかなわなかったことは、彼の悲劇の一つでもありますが、こういう形で僕が彼の夢をかなえられたこと、そして、彼の素晴らしい物語を、今いる皆さんと分かち合えることをとても幸せに思います」と語った。

 日本がプロモーションの最終地となったことを「誇りに思う」といい、「今夜カラオケに行くのが楽しみです」と笑わせた。

 そんな2人に玉城がインタビューを実施した。「エルヴィスの一番の魅力」を尋ねられたバトラーは「僕が一番魅力を感じるのは“人間エルヴィス”。彼は貧しい家庭の出身で、生まれたときは双子だったけど、兄弟を失って、生涯(心に)穴が空いていた。そして仲のよかった母も若くして亡くなり…。そんな彼の魂を見つけることが、(演じる上では)とても大事でした」と役作りを振り返った。

 その過程でエルヴィスについて多くを学んだというバトラー。「ステージ上で、彼をエルヴィスたらしめるものは何なのか、彼を駆り立てたものは何なのか。彼は笑い声がとてもすてきなんです。ユーモアセンスも素晴らしく、とてもスピリチュアルで、物事を深く考える人。知れば知るほど彼を大好きになっていきました」と熱い思いを口にした。

 映画は7月1日から公開。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ