エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

ムロツヨシ「代表作ですって!」と上機嫌 主演作の評判をSNSなどでチェック

(左から)岸井ゆきの、ムロツヨシ、吉田恵輔監督 (C)エンタメOVO

 映画『神は見返りを求める』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者のムロツヨシ、岸井ゆきのと吉田恵輔監督が登壇した。

 本作は、イベント会社に勤める田母神尚樹(ムロ)が、合コンで出会ったYouTuberのゆりちゃんこと川合優里(岸井)のYouTubeチャンネルを手伝うようになるが、あることをきっかけに2人の関係が一変する様子を描く。

 ムロは「朝からたくさんの感想をSNSや映画ライターさんの記事で見ているのですが、いろんな方が『ムロツヨシの代表作だ』なんて言っちゃって。代表作ですって!」とうれしそうに報告。

 観客に向けて「これから見るんですよね? もし『これは代表作だな』と思っていただけたなら、『これは代表作だ』と、どこかに書き込んでくれたらうれしいです』と猛アピールして笑わせた。

 そんなムロは、岸井から是枝裕和監督の最新作『ベイビー・ブローカー』も今日が公開初日だと知らされると、「ムロに当ててきたの?」と冗談めかしてコメント。

 吉田監督から「向こうは意識していない」と突っ込まれるも、「いいですね。やりがいがあります」と意味ありげに笑った。

 イベントでは、本作の宣伝チームの計らいで、6月24日が「ムロツヨシの日」に正式認定されたことが発表された。

 まさかのサプライズにムロは「あららびっくり。すごいプレゼントだ」と大喜び。認定証を受け取ると「来年からこれがカレンダーに載るんですよね? これ持って『ベイビー・ブローカー』の舞台あいさつにも行ってこようかな」などと調子良く語った。

 最後にムロは「『ムロツヨシの代表作』なんてふざけて何度も連呼しましたが、吉田監督の作ったこの世界、この時代に絶妙に悲しくもマッチしたものとなっております」と真剣にコメント。

 「『重い』という捉え方もありますが、どこか希望が残る映画でもあると思うので…。皆さんの心に(残るのは)爪痕なのか、傷なのか、もしくはほっこりなのか。いろんな感想をお待ちしております」と呼び掛けた。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ