エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「恋マジ」最終回 “柊磨”松村北斗は「素晴らしくカッコ良かった」 “アリサ”飯豊まりえד克巳”岡山天音カップルを推す声も

西野七瀬(左)と岡山天音 (C)カンテレ

 広瀬アリスと松村北斗が出演するドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」(カンテレ・フジテレビ系)の最終話が、20日に放送された。

 本作は、“恋に本気になれない”6人の男女が織りなす群像ラブストーリー。(※以下、ネタバレあり)

 フレンチビストロ「サリュー」のギャルソン・長峰柊磨(松村)と付き合っていた、食器ブランド「相楽製陶」のデザイナー・桜沢純(広瀬)は、柊磨から拒絶されたことに大きなショックを受けていた。

 そんな中、学生時代から変わらない安心感を与えてくれる、高校時代の同級生・大津(戸塚純貴)から冗談半分でプロポーズされ、純も大津に「じゃあ、結婚する?」と口走る。

 純は、柊磨との“本気の恋”を諦め、彼と出会う前の自分に戻ろうとする。

 一方、純に対する自分の思いに気付いた柊磨は、込み上げる感情を抑え切れず、純の元へ向かう。しかし、すでに純の隣には大津の姿があった。

 放送終了後、SNS上には、「最後まで柊磨が素晴らしくカッコ良かった」「毎回、ストーリー(展開)が読めなくて、毎週楽しみだった」といった感想が集まった。

 また、最後に純が柊磨を選んだことから、純にふられてしまった大津には、「大津には幸せになってほしい」「このドラマではひたすら大津だけが最高だった」などの声が寄せられた。

 さらに、純の高校時代にからの親友・アリサ(飯豊まりえ)と元コンビニ店員で今はサリューを手伝う克巳(岡山天音)のカップルについても、「一番すてきで一番キュンキュンするカップルだった」「克巳は、誠実で優しくて賢くて、ちゃんと相手のことを見てくれてて、肝心なときに決断して動ける。最高にイケメンだった」といったコメントも投稿された。

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ