エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

岩田剛典、ディーン・フジオカへの熱い思いを吐露 「リスペクトできる先輩と出会えたことに感謝」

(左から)広末涼子、ディーン・フジオカ、岩田剛典 (C)エンタメOVO

 映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』初日舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者のディーン・フジオカ、岩田剛典、広末涼子、小泉孝太郎、椎名桔平と西谷弘監督が登壇した。

 本作は、フジテレビ系月9ドラマ「シャーロック」の劇場版。ディーン演じる誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、岩田演じる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)が、唯一無二の名探偵バディとして数々の難事件を解決していく様子を描く。

 映画のタイトルにある“犬”にちなみ「自身のナンバーワン」を尋ねられた岩田は「この作品と出会えたこと」と回答。

 続けて、「名実ともにバディであるディーンさんとの出会いもそう。作品が終わったら、大体お付き合いは終わりなんです。撮影後も交流が続く人は、自分はあまりいなくて。そんな中、ディーンさんはお芝居の世界はもちろん、音楽にも精通していて、そんなリスペクトできる先輩と出会えたことに感謝です」と語った。

 横で見ていた広末から「なんか泣いちゃいそう。目がキラキラしている」と指摘された岩田は、照れ笑いを浮かべた。

 ディーンは「分かるよ、その気持ち」と応じながら、「岩ちゃんのエモい話をガッツリ(聞いたけど)、そこは自分も魂が共鳴する部分です」と笑顔を見せた。

 最後のあいさつでも、岩田はディーンへの思いを吐露。「僕はディーンさんのことを背中で語る男だと思っていて。武士道的なものを感じるんです。りんとして、真摯(しんし)でいて、完璧なイメージ。でもその内側にはめちゃくちゃ燃えたぎる情熱がある」と評し、「そんな方とお仕事させていただけた経験が何よりも刺激になりました」と締めくくった。

 ディーンも「最高のバディとの出会いがあったから、今日ここまでたどり着けたのだと改めて確信しました」と言葉に力を込め、「僕はこの物語の続きを見たいと思っています。そのために、皆さんお力添えをお願いします」と観客に呼び掛けた。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ