エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「元彼の遺言状」“篠田”大泉洋の身元告白に「まさかの展開」 「“麗子”綾瀬はるかが篠田を弁護する展開なら熱い」

“篠田”大泉洋(左)と“麗子”綾瀬はるか (C)フジテレビ

 綾瀬はるかが主演するドラマ「元彼の遺言状」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。

 本作は、敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬)が、元彼の森川栄治(生田斗真)が遺した“奇妙な遺言”を知ったことから事件に巻き込まれていく様子を描く。(※以下、ネタバレあり)

 麗子は、元上司の津々井(浅野和之)が痴漢の冤罪(えんざい)で捕まったことで、津々井から大手食品会社・ヒグマ食品の案件を引き継ぐことになった。

 大規模なM&Aを控えるヒグマ食品には、「5月23日、社員食堂の毒入りシチューで死人が出る」という脅迫状が届いていた。

 そんな中、今度はホストの黒丑(望月望)から、自分の太客・山谷典子(高田聖子)が抱える遺産トラブルを解決してほしいと、麗子のもとに連絡が入る。

 ヒグマ食品の騒動と典子の遺産トラブルに加え、津々井から冤罪の弁護も頼まれた麗子。同時多発事件の解決に、雑用係の篠田敬太郎(大泉洋)と共に挑む。

 放送終了後、SNS上には、「7話は事件が盛りだくさんで見応えがあった」「篠田のことを『助手』と言い切った麗子がカッコ良かった」「(栄治のいとこ役の)関水渚さんの初々しさが好感が持てるし、浅野和之さんのキャラも好き」などの感想が投稿された。

 ラストシーンでは、篠田が麗子の目前で、さまざまな名前が記された自身の身分証明書をばらまき、「僕は篠田敬太郎じゃない。僕は殺人犯なんだ」と衝撃の告白をする。

 これについて、「篠田が殺人犯? まさかの展開」「篠田は逃亡犯だったのか!」という驚きの声や、「篠田のキャラに殺人犯は合わない。篠田が直接殺したのではなく、大事な人を死なせてしまったという意味合いかも」「篠田の殺人は何かの間違いで、それを麗子が証明して弁護する展開なら熱い」といった反響が寄せられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ