エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「恋マジ」“柊磨”松村北斗の「今すぐ来てほしい」にキュン 「あんなに優しい声で言われたら全力で走っていく」

広瀬アリス(左)と松村北斗 (C)カンテレ

 広瀬アリスと松村北斗が出演するドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」(カンテレ・フジテレビ系)の第6話が、23日に放送された。

 本作は、“恋に本気になれない”6人の男女が織りなす群像ラブストーリー。(※以下、ネタバレあり)

 食器ブランド「相楽製陶」の洋食器デザイナー・桜沢純(広瀬)がデザインした器が、テーブルウエアの展示会で大好評を博した。

 会場には、フレンチビストロ「サリュー」のギャルソンで、純と付き合っている長峰柊磨(松村)も訪れるが、部下の前ということを気にした純は、思わず、彼氏であることを否定してしまう。

 同じ頃、「サリュー」のオーナーで、柊磨の父の次郎(小市慢太郎)が店にやって来て、突然、店を閉めると言い出す。どうやら、シェフの要(藤木直人)の過去が関係しているらしい。

 納得できない柊磨は反対するが、要本人はオーナーの通告をあっさりと受け入れ、次の働き口を探し始める。

 要は店を空けることが多くなり、柊磨が自ら厨房に立つようになると、料理の提供が遅れるなど店は大混乱に。

 偶然、ランチに訪れた純は、柊磨を心配し「力になりたい、もっと甘えてよ」と声を掛けるが、柊磨は本音を明かそうとはしなかった。

 放送終了後、SNS上には、「柊磨の父母が事件のにおいしかしない」「柊磨くんに心を揺さぶられ、柊磨くんの父と母に心をかき乱されて来週まで待てない!」といった感想が寄せられた。

 また、「サリュー」の貸切パーティーを一人で切り盛りしなければならなくなり、ピンチに陥った柊磨が、純に「言ったよね? 甘えていい、力になりたいって。今すぐ来てほしい」と電話で助けを求めるシーンが放送された。

 すると、「甘えるのが苦手な柊磨が甘える瞬間にキュンとした」「あんなに切なくて、優しい声で言われたら全力で走っていく」などのコメントが集まり、大いに盛り上がった。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ