エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

中井貴一「台風の中での撮影でかつらが飛んだ」 松山ケンイチ「この映画には貴一さんの人間性、優しさがあふれている」

(左から)中西健二監督、岸井ゆきの、北川景子、中井貴一、松山ケンイチ、和田正人、田中美央 (C)エンタメOVO

 映画『大河への道』公開初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央と中西健二監督が登壇した。

 本作は、立川志の輔の新作落語「大河への道-伊能忠敬物語-」を原作に映画化。前途多難な大河ドラマ実現を描く現代の喜劇と、200年前の日本地図完成に隠された感動秘話を描く時代ミステリーという二つのドラマを、出演者が一人二役で演じる。

 企画から本作に携わった中井は「撮影は去年の8月。基本的に夏の京都で時代劇を撮るのは、僕らの業界では無謀だといわれている。暑さが尋常でないので。でも、コロナの関係で、どうしても8月に行かざるを得なくなった。皆さんにご迷惑を掛けるなあと思っていたら、去年は冷夏で…」と明かした。

 続けて、「その代わりに雨ばっかり。しかも台風も来る。1日でも撮りこぼしたらコロナで(撮影が)中止になるという状況で、全員ヒヤヒヤだったのですが、撮影のときには太陽が出てくれて」と当時を振り返った。

 また、「緑がたくさんあるシーンで、すごく風が吹いてるなと思ったら、台風の中で撮影したシーンだと思っていただけたら」と明かして笑わせた。

 台風の中での撮影では、かつらが飛ぶという初めての出来事もあったという。中井は「時代劇でかつらが飛んだら…、それはとんでもないこと。何が飛んだ? ということになっちゃうので」と苦笑交じりに語った。

 一方、松山は「貴一さんとは10年以上前から仕事をさせてもらっていますが、とにかく包容力のある俳優さん。この映画にはそういう貴一さんの人間性、優しさがあふれている。また、地図の完成に至るまでの困難、人々の熱い思いなどは、今に通じるものがあると思うので、(現代と)リンクさせながら見ていただけたら」とアピールした。

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ