エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

松坂桃李、役作りで体重減も“激痩せ報道” 「今までにないぐらい役と向き合った」

(左から)横浜流星、広瀬すず、増田光桜、松坂桃李、多部未華子 (C)エンタメOVO

 映画『流浪の月』初日舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の広瀬すず、松坂桃李、横浜流星、多部未華子、内田也哉子と李相日監督ほかが登壇した。

 本作は、「2020年本屋大賞」を受賞した凪良ゆう氏の小説を映画化。家に帰れない事情を抱えた10歳の少女・更紗(白鳥玉季)を自分の部屋に招き入れたために「誘拐犯」となった孤独な大学生・文(松坂)。15年後、偶然の再会を遂げた更紗(広瀬)と文だったが、それぞれの隣には現在の恋人、亮(横浜)と谷(多部)がいた。

 劇中で激しい感情を表現した広瀬は「作っている最中は、どういうふうに伝わるかといったことよりも、更紗として生きることに必死でした」とコメント。

 初日を迎えた今は「この映画が(観客に)どう届くのか。ここ最近の中でも、特別に強くドキドキと、楽しみと、緊張感を感じます」と率直な思いを語った。

 一方、役作りのため、体重を落として撮影に臨んだ松坂は「情報解禁前だと、言うに言えなくて。『激痩せで何かあったのか?』とか、言われたりしていましたけど、そのうち分かるだろうな…という感覚で日々いました」と苦笑。

 また、「今までにないぐらい役と向き合った」といい、「ここまでやっても、まだ終わりがない感じというのを初めて体験した。この仕事を続けていく上で、とても大切なことを教えてもらえた現場でした」と語った。

 松坂の恋人役を演じた多部は、李監督から「空き時間に桃李くんを触って」と指示されたという。

 「ずっと触らせていただいたのですが、本当に体重を減らして臨まれているので、ウエストがゾッとするぐらい細かった」と驚いたことを告白。

 「ここに至るまでに、いろんな思いがあるだろうなと。本当に私が邪魔しちゃいけない、自分も頑張らなきゃ…という気持ちにさせてくれるお人柄と体形でした」と語った。

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ